乗用型半自動バレイショ2条植プランタ

タイトル 乗用型半自動バレイショ2条植プランタ
担当機関 鹿児島県農業試験場
研究課題名
研究期間 1998~1999
研究担当者 大村幸次
溜池雄志
安庭誠
森浩一朗
発行年度 1998
要約 開発機は、バレイショの植付けと培土作業に兼用できる乗用型の半自動プランタで、畦幅120cm、条間25cmの2条植栽培に適応する。本機の植付け作業は、基肥散布-基肥攪拌・走行跡耕耘-作条-植付け-覆土-鎮圧を同時工程で行う。鹿児島県農業試験場・徳之島支場・作物研究室
背景・ねらい 奄美地域における平成9年度のバレイショ栽培面積は1、520haで増加傾向にあり、1戸当たりの栽培面積も増加してきている。このような中で、規模拡大を望む生産者は、重粘土壌に適応できる乗用トラクタを利用した省力的なプランタ開発を求めている。そこで、重粘土壌下で植付けと培土作業に兼用できる乗用型半自動2条植プランタを開発する。
成果の内容・特徴
  1. 本機は、トラクタ走行跡を耕耘する2連ロータリカルチと、植付け装置、施肥装置、肥料攪拌装置で構成され、肥料散布-肥料攪拌-車輪跡耕耘-作条-植付-覆土-鎮圧の作業を同時に行うことができる。作業はオペレータ1名と補助者1~2名、計2~3名で行う(図1)。
  2. 本機の植付け性能は、10a当たり作業時間1.6~2.6時間で、この時の植付け姿勢は各種条件によって変動する(表1、表2)。
  3. 種いもの繰り出しは半自動で行い、過不足調整を補助者が行う。人為的操作を行わない場合の繰り出し性能は、1個繰り出し率が57~58%、2個以上の繰り出し率が31~34%、未繰り出し率が8~11%である(表3)。
  4. 本機は、機体後方の植付け装置と前方の2連ロータリが分離独立できる。従って、2連ロータリは、萌芽後の培土作業にも利用できる(図1)。
  5. 2連ロータリを培土作業に適用した時の作業時間は、10a当たり0.7時間で、この時の覆土厚さの平均値は7.4cmである(表4)。
成果の活用面・留意点
  1. 装着できるトラクタは15kW~37kW(20~50PS)クラスである。
  2. 土壌が高水分の場合は、土壌表面の硬化防止のために植付け時の鎮圧を行わない。
  3. 種いも積載量の上限は100kgである。
  4. 2連ロータリを培土作業に適用するときは、培土量確保のために逆転耕を行う。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010011323
カテゴリ 規模拡大 施肥 ばれいしょ 肥料散布

この記事は