無農薬茶園における主要な在来天敵と寄生率

タイトル 無農薬茶園における主要な在来天敵と寄生率
担当機関 熊本県農業研究センター
研究課題名
研究期間 1998~1998
研究担当者 嶋田一明
発行年度 1998
要約 無農薬茶園における主要な捕食性天敵はクモ類、ケナガカブリダニ、ハダニアザミウマ、寄生性天敵はキイロタマゴバチ、コマユバチ類、アザミウマタマゴバチである。寄生性天敵の寄生率は高い場合チャノコカクモンハマキで約80%、チャノホソガで約30%あり、密度抑制効果がある。熊本県農業研究センター・茶業研究所
背景・ねらい 茶は近年、機能性食品として見直されてきており、消費者の健康志向に応えるため、なるべく農薬散布回数を少なくすることが求められている。そこで、無農薬茶園に生息する在来天敵の主要な種類、害虫類に対する影響を知る。
成果の内容・特徴
  1. 捕食性天敵としてクモ類、ケナガカブリダニ、ハダニアザミウマ、ハダニタマバエ、コブモチナガヒシダニ、ヒメハナカメムシの1種、クサカゲロウの1種、テントウムシの1種の8種類が認められ、その中ではクモ類、ケナガカブリダニ、ハダニアザミウマの発生が多い(図1)。
  2. 寄生性天敵としてキイロタマゴバチ、ハマキサムライコマユバチ、ハマキオスグロアカコマユバチ、ハマキコウラコマユバチ、キアシブトコバチ、トビコバチの1種、ヒメバチの1種、キセイバエの1種、キイロホソコバチ、ハラナガミドリヒメコバチ、アブラバチ、コバチの1種、アザミウマタマゴバチの13種類が認められ、その中ではキイロタマゴバチ、コマユバチ類、キイロホソコバチ、アザミウマタマゴバチの発生が多い。
  3. 寄生性天敵の寄生率は、高い場合チャノコカクモンハマキの合計寄生率で約80%、チャノホソガの合計寄生率で約30%あり、密度抑制効果がある(図2、図3)。
成果の活用面・留意点
  1. 在来天敵を活用した省農薬防除体系の基礎資料として活用できる。
  2. 無農薬、やぶきた茶園での試験結果である。
  3. 寄生性天敵の寄生率は、ほ場より中老齢幼虫を採集し、実験室内で約20日飼育して調査した。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010011248
カテゴリ カメムシ 害虫 機能性食品 農薬 ひし 防除

この記事は