呈味成分から見たかぶせ茶の被覆法

タイトル 呈味成分から見たかぶせ茶の被覆法
担当機関 福岡県農業総合試験場
研究課題名
研究期間 1997~1998
研究担当者 江上修一
森山弘信
清水信孝
中村晋一郎
発行年度 1998
要約 直接被覆によってアミノ酸含量が高く、カテキン含量の低い高品質のかぶせ茶を生産するには、遮光率80%の資材を用いて2.5葉期から8日間以上被覆するとよい。福岡県農業総合試験場・八女分場・茶研究室
背景・ねらい 近年、生育中の茶新芽に直接被覆して、葉色を濃く、旨味を多く、苦渋味を少なくしたかぶせ茶の栽培が増加している。福岡県における現在のかぶせ茶の栽培基準は、内容成分含量の変化を加味したものではないため、かぶせ茶生育期間中の内容成分等の経時変化を明らかにし、かぶせ茶栽培の指標を確立する。
成果の内容・特徴
  1. 遮光率60%の被覆資材を用いた場合、被覆しないものに比べて葉色が濃く、アミノ酸含量がやや高く、遊離型カテキン含量が低く、カフェイン含量が高い生葉を生産できる(図1,図2,図3,図5)。
  2. 遮光率80%の被覆資材を用いた場合、遮光率60%に比べてアミノ酸含量及びカフェイン含量が高く、遊離型カテキン含量が低い生葉を生産できる(図1,図2,図3,図5)。
  3. 茶に含まれるカテキン類の中で、最も多彩かつ強い機能性を示すエピガロカテキンガレート等のエステル型カテキン含量は、遮光して栽培しても変化しない(図4)。
成果の活用面・留意点
  1. 茶業技術指導指針に登載し、かぶせ茶栽培の指標とする。
  2. 遮光率が同じであれば、被覆資材が異なっても内容成分の変化に違いはない。
  3. この技術は、「やぶきた」の一番茶2.5葉期に被覆開始するものに適応する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010011241
カテゴリ 機能性 シカ

この記事は