イチゴ新品種「さちのか」、「さがほのか」の促成栽培における果実品質特性

タイトル イチゴ新品種「さちのか」、「さがほのか」の促成栽培における果実品質特性
担当機関 佐賀県農業試験研究センター
研究課題名
研究期間 1998~1998
研究担当者 多々良泉
御厨初子
浦田丈一
豆田和浩
松尾孝則
大串和義
田中龍臣
発行年度 1998
要約 イチゴ果実の果皮色は「さちのか」が濃く、「さがほのか」は「とよのか」と同程度である。糖度は「さちのか」と「さがほのか」は収穫初期に高いが、「さがほのか」は2月に低下し、春期に高くなる。果実硬度では「さちのか」と「さがほのか」は栽培期間を通して「とよのか」よりも硬い。佐賀県農業試験研究センター・企画流通部・流通利用研究室
背景・ねらい イチゴ品種「とよのか」は高い収量性と優れた食味から、現在西日本で栽培される品種の主体となっている。一方、生産者の高齢化に伴って省力的な栽培特性を有する品種開発の要望が高まる中、野菜・茶業試験場久留米支場では「さちのか」が、佐賀県農業試験研究センターでは「さがほのか」が育成された。そこで、これらの新品種について果実品質特性を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. 果皮色をL*×b*/a*値で比較すると、「さちのか」は全期間を通じて「とよのか」と「さがほのか」よりも濃い。「さがほのか」は「とよのか」と同じ程度の果皮色であるが、果実裏面の果皮色はやや濃い(表1)。
  2. 糖度は、「さがほのか」は「とよのか」に比較して11月から3月まで高く推移するが、2月の低温少日照期に一時的に低下し、以降3月から同程度に高くなる。「さちのか」は「とよのか」よりも収穫初期の糖度は高いが、以降では同程度に推移する(図1)。
  3. 酸度は、「とよのか」と「さちのか」は収穫初期の11月、12月に高く、以降1月から3月まで低下し、4月にやや高く推移する。これに対し「さがほのか」は両品種と類似した推移であるが、栽培期間を通して低い(図2)。
  4. 果実の硬度では、「さちのか」と「さがほのか」は栽培期間を通して「とよのか」よりも硬い。特に「さちのか」は収穫初期から低温期にかけて高い硬度で推移する(図3)。
成果の活用面・留意点
  1. 「さがほのか」の糖度低下の要因は明らかになっておらず、今後の要因解明および対策技術の検討が必要である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010011228
カテゴリ いちご 新品種 品種 品種開発 良食味

この記事は