イチゴ新品種「さちのか」・「さがほのか」の促成栽培における収量特性

タイトル イチゴ新品種「さちのか」・「さがほのか」の促成栽培における収量特性
担当機関 佐賀県農業試験研究センター
研究課題名
研究期間 1998~1998
研究担当者 豆田和浩
浦田丈一
松尾孝則
大串和義
田中龍臣
発行年度 1998
要約 イチゴの促成栽培において、新品種「さがほのか」は「とよのか」よりも、上物率が高く、1果重も重く、2月以降の収量が多い。また、「さちのか」の収量は「とよのか」よりもやや少ないが、果形の乱れは少ない。
背景・ねらい イチゴ品種「とよのか」は高い収量性と優れた食味から、現在西日本における栽培品種の主体となっている。一方、栽培農家の高齢化に伴って、省力的特性を有する品種開発が求められている中で、野菜・茶業試験場久留米支場では「さちのか」、佐賀県では「さがほのか」が育成された。これら新品種の促成栽培における収量特性を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. 「さがほのか」、「さちのか」、「とよのか」には総収穫果数に大差はない。商品果収量では、「さがほのか」は「とよのか」より多く、これは「さがほのか」の上物率、商品果率が高く、商品1果重も重いことによる。「さちのか」の収量は「とよのか」よりもやや少ない(表1)。
  2. 果実形質による収量割合では、「さがほのか」は「とよのか」よりも上物が多く、溝果や先青果などの発生がほとんどみられない。また、「さちのか」は「とよのか」よりも小玉果の割合が多い(表2)。
  3. 旬別商品果収量の推移では、「さがほのか」は「とよのか」に比べて年内収量はやや少なく、その後1月下旬までは同程度で推移し、2月以降では多くなり、収穫の波が小さく、高い収量水準で安定している。また、「さちのか」は「とよのか」に比べて、年内収量は少ないものの、その後は同程度で推移し、3月以降は多収となる(図1)。
成果の活用面・留意点
  1. 本成果では、摘芽や摘果は行っていない。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010011227
カテゴリ いちご 新品種 品種 品種開発 良食味

この記事は