ビワにおける糖度及びpHの果実内分布と効率的な調査のための果肉切片のサンプリング法

タイトル ビワにおける糖度及びpHの果実内分布と効率的な調査のための果肉切片のサンプリング法
担当機関 長崎県果樹試験場
研究課題名
研究期間 1973~1998
研究担当者 佐藤義彦
寺井理治
稗圃直史
福田伸二
発行年度 1998
要約 ビワ果実の縦断面の部位間では糖度及びpHの差が認められるが、横断面には差がないので、果実赤道部の果肉をサンプリングして糖度及びpHを測定することにより、果実全体の測定値に近似した値が得られる。長崎県果樹試験場・育種科
背景・ねらい ビワの果実品質調査において、果実の一部分から果汁を採取し、その糖度あるいはpHを果実全体の値として代用する方法は、搾汁操作が簡便で調査の効率化できる。そこで、糖度及びpHの果実内分布を明らかにし、果実からの果肉切片の合理的なサンプリング法について検討した。
成果の内容・特徴
  1. 果実赤道部の横断面の部位間には糖度、pHともに差は認められない(データ略)。
  2. 縦断面の各部位における糖度は、「田中」では果頂部が最も高く、果梗部に向かうに従って低下するパターンを示すが(表1)、「瑞穂」では有意な差は認められない。また、「瑞穂」では南側の果肉の糖度が北側よりも高いが、「田中」では方位の影響は認められない。
  3. 縦断面の各部位におけるpHは、「田中」、「瑞穂」ともに差が認められるが、その分布パターンは異なる(表1)。また、pHには方位の影響はない。
  4. 果実全体の糖度あるいはpHに最も近似する測定値を示す縦断面の果肉部位は、糖度では赤道部、pHでは赤道部と果梗部の中間部である(表2)。しかし、赤道部の果肉のpHも比較的良く近似するので、赤道部の果肉を供試することで糖度、pHともに果実全体の値に近い測定値が得られる。
成果の活用面・留意点
  1. 品種によっては果実の方位で糖度が異なるので、果実赤道部の対角 2か所から果肉切片をサンプリングすることが望ましい。
  2. コルクボーラー等を用いて果肉切片を抜き取り、数果分の切片をまとめてニンニク絞り器等で搾汁して糖度及びpHを測定することにより、果実品質調査を迅速に行うことができる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010011189
カテゴリ 育種 にんにく 品種 びわ

この記事は