キウイフルーツ「ヘイワード」の大果生産のための夏季の環状剥皮法

タイトル キウイフルーツ「ヘイワード」の大果生産のための夏季の環状剥皮法
担当機関 長崎県果樹試験場
研究課題名
研究期間 1997~1998
研究担当者 林田誠剛
森田昭
発行年度 1998
要約 キウイフルーツでは6月下旬から7月下旬の間に2回、主幹部に環状剥皮を実施すると、品質が低下することなく無処理に比べ25~30%果実が大きくなる。剥皮の幅は5~7.5mm程度がよい。長崎県果樹試験場・落葉果樹科
背景・ねらい キウイフルーツは果実の大きさによる価格差が大きく、大果ほど高値で取り引きされている。果実肥大を促進する方法として植物生長調節剤を利用する方法があり、実用化されているが、糖度や貯蔵性が低下する欠点がある。そこで、果実肥大促進を図る方法として、現地で導入されつつある夏季の環状剥皮の技術を確立するため、剥皮時期と回数、剥皮幅を検討し、実用性を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. 剥皮によって果実は25~30%大きくなるが、剥皮の回数は2回と3回で果実肥大、品質に対する効果は変わらない(表1)。また、剥皮時期が6~7月の間であれば剥皮時期による果実肥大、品質の差は見られない(表1)。
  2. 剥皮幅による差は果実肥大に影響しないが、糖度は剥皮幅が広い方が高くなる(表2)。
  3. 剥皮部のカルスの形成は、剥皮20日後にも見られるが、ゆ合された状態になるには40日程度必要である(表3)。
成果の活用面・留意点
  1. 環状剥皮は樹勢が弱った樹では樹勢低下を助長するので実施しない。
  2. 正常な樹であっても着果過多の状態で環状剥皮をすると樹勢低下を引き起こす恐れがあるので、適正な着果量になるように摘果する。
  3. 剥皮処理は最低20日以上の間隔をあける。また、主幹部に連続して上から下へ実施する。
  4. 花腐細菌病の防除のために環状剥皮を実施した場合は、その剥皮部が完全にゆ合していることを確認してから実施する。また、実施するに当たって樹勢が低下していないか十分留意する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010011178
カテゴリ キウイフルーツ 防除

この記事は