周年マルチと被覆肥料による温州ミカンの高うねマルチ栽培の省力化

タイトル 周年マルチと被覆肥料による温州ミカンの高うねマルチ栽培の省力化
担当機関 佐賀県果樹試験場
研究課題名
研究期間 1998~1998
研究担当者 夏秋道俊
末次信行
発行年度 1998
要約 温州ミカンの高うね栽培において、周年マルチと被覆肥料を組み合わせて利用することにより、果実品質や樹勢を低下させることなく、除草や施肥管理作業の省力化を図ることができる。佐賀県果樹試験場・常緑果樹研究室
背景・ねらい 温州ミカン栽培では、高齢化や労働力の減少に伴い、除草作業等の省力化が必要となっている。このため除草剤が利用されているものの、高うね栽培では土壌流亡や特定の草種が増えるなどの問題点も発生している。そこで、抑草を主なねらいとし、高うね栽培における黒色ポリフィルム(以下黒ポリ)の周年マルチと被覆肥料を利用した省力栽培法について検討した。
成果の内容・特徴
  1. 黒ポリの周年マルチにより抑草効果が高く、雑草の発生が完全に抑制され、刈り払い機を利用した除草作業に比べ作業時間が大幅に削減される(表1)。
  2. マルチ被覆下の施肥に要する時間は通常の有機質配合肥料を用いると長いが、被覆肥料の利用により短縮される。その場合でも、秋肥時の年1回施肥により葉中の窒素濃度は高く推移し、樹勢が維持される(表1、表2)。
  3. 果実品質は黒ポリの周年マルチにより糖度は低下せず酸濃度は低下する(表3)。
  4. 苗木時における黒ポリの周年マルチの利用により、雑草との養水分競合が回避できるとともに、地温や土壌水分が保持でき生育が促進される(表4)。
成果の活用面・留意点
  1. マルチは春季に土壌水分が高い状態のとき被覆にし、秋肥施用時に開放する。
  2. 被覆肥料は摂氏25度の畑条件下において約130日前後で窒素の約80%が溶出するタイプを用い、秋肥施用時に年間窒素施用量が6:4となるように被覆肥料と有機質配合肥料を混用する。
  3. 黒ポリの被覆は炭酸ガスが溜まりやすいため、できれば年に数回開放し、ガス交換を図ることが望ましい。
  4. 資材費は黒ポリと被覆肥料を利用することにより、無被覆で刈り払い機利用による人力除草の場合に比べて1.6倍程度となる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010011175
カテゴリ 温州みかん 雑草 省力化 除草 除草剤 施肥

この記事は