加温ハウス栽培ヒュウガナツの品質向上

タイトル 加温ハウス栽培ヒュウガナツの品質向上
担当機関 宮崎県総合農業試験場
研究課題名
研究期間 1997~1998
研究担当者 山口秀一
串間新一
濱田保典
二見久雄
発行年度 1998
要約 加温ハウス栽培のヒュウガナツでは、9月中~下旬に透湿性シートでマルチ処理することにより、増糖、着色促進など品質向上に効果がある。宮崎県総合農業試験場・亜熱帯作物支場
背景・ねらい 12月出荷を目指した加温ハウス栽培のヒュウガナツでは、12月上旬にビニルフイルム被覆するので着色遅延はないが、秋季の降雨により糖度が低くなる傾向がある。そこで、ヒュウガナツの高品質化を図るために、秋季の透湿性シートによるマルチ処理が果実品質に及ぼす影響について検討した。
成果の内容・特徴 マルチ処理は、透湿性シート(商品名:タイベックハードタイプ)を用いて9月12日~収穫時まで土壌表面を被覆し、被覆期間中の灌水は行わなかった。
  1. 透湿性シートのマルチ処理による土壌水分は、収穫90日前からpF値2.6~2.8で推移させると良い(表1)。
  2. 収穫時のマルチ区の果実糖度は、10.3前後に達しているのに対し、無処理区の果実糖度は9.1にとどまり、明らかにマルチ区の果実品質が優れている(表2)。
  3. 収穫時の果皮の着色は、マルチ区の赤道部のa値が無処理区より高く、緑色のぬけが良い(表3)。
  4. 以上のことから、透湿性シートのマルチ処理は加温ハウス栽培におけるヒュウガナツの増糖、着色促進など品質向上に効果が認められる。
成果の活用面・留意点
  1. 収穫90日前から土壌乾燥をさせないと硬化が期待できない。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010011169
カテゴリ 亜熱帯 乾燥 出荷調整 着色促進 日向夏

この記事は