ビール大麦「ミハルゴールド」を佐賀県で認定品種に採用

タイトル ビール大麦「ミハルゴールド」を佐賀県で認定品種に採用
担当機関 佐賀県農業試験研究センター
研究課題名
研究期間 1997~1998
研究担当者 松雪セツ子
広田雄二
松本和大
徳田真二
発行年度 1998
要約 「ミハルゴールド」は「あまぎ二条」と同熟期で、収量、品質も同程度以上の栽培適性をもち、麦芽適性に優れ、大麦縞萎縮抵抗性をもつ。平坦部の大麦縞萎縮病常発地に普及する。佐賀県農業試験研究センター・バイテク部・水稲育種研究室
背景・ねらい 佐賀県はビール大麦の主産地であり、主に「あまぎ二条」が平坦部で作付けされている。近年は大麦縞萎縮病が多発し、大麦縞萎縮病抵抗品種の「ニシノゴールド」等も栽培されているが、「ニシノゴールド」は栽培適性が劣り、収量、外観品質が不十分なため、縞萎縮病常発地では「あまぎ二条」の遅播き技術で対応している地域もみられる。しかしながら、遅播きは作柄が不安定になりやすい。このため、大麦縞萎縮病抵抗性を持ち、麦芽適性の優れた「ミハルゴールド」を認定品種に採用して普及を図り、安定したビール大麦の生産に寄与する。
成果の内容・特徴 「ミハルゴールド」((大系H804/Spartan)F1/栃系157:福岡県農業総合試験場育成)は「あまぎ二条」に比較し、次のような特性を有する。
  1. 出穂期は1日遅く、成熟期は同時期である(表1)。
  2. 稈長は6cm短く、穂長は0.6cm短く、穂数は多い(表1)。
  3. 耐倒伏性は優れ、うどんこ病、大麦縞萎縮病には強い(表1)。
  4. 多収で、外観品質はやや優れている(表1)。
  5. 千粒重は重く、大粒である(表1)。
  6. 麦芽エキス、エキス収量は優れ、ジャスターゼ力は極大である(表2)。
  7. 裂皮粒の発生は同程度で、凸腹粒の発生は少ない(表3)。
成果の活用面・留意点
  1. 整粒歩合の向上のため、多肥は避ける。
  2. 品質向上を図るため、早播、遅播による不稔粒発生を避け、適期播に努める。
  3. 「ニシノゴールド」及び「あまぎ二条」の一部に替え普及する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010011053
カテゴリ 育種 萎縮病 うどんこ病 大麦 抵抗性 品種

この記事は