広島県における高標高地域向け早生大豆「ハタユタカ」の奨励品種採用

タイトル 広島県における高標高地域向け早生大豆「ハタユタカ」の奨励品種採用
担当機関 広島総研
研究課題名
研究期間 2002~2006
研究担当者 保科 亨
貝淵由紀子
発行年度 2007
要約 大豆品種「ハタユタカ」は「タチナガハ」と比べ、青立ちの発生が極めて少なく、同熟期で収量・品質とも安定して優れることから、広島県内標高450m以上の地域を対象として奨励品種に採用した。
キーワード 大豆、ハタユタカ、青立ち、奨励品種
背景・ねらい 高標高地域向け品種「タチナガハ」は、青立ちの多発によって生産が不安定なため作付け実態がほとんどなく、品目横断経営安定対策における支払要件である産地品種銘柄に指定されていない。また、中生品種を高標高地域で作付した場合、雪害によって収穫できないこともある。以上のことから、広島県内の高標高地域への大豆生産拡大のため、「タチナガハ」に替わる安定生産が可能な早生品種の導入が急務となっている。
成果の内容・特徴 「ハタユタカ」の主な特性はつぎのとおり。
  1. 成熟期は、「タチナガハ」とほぼ同じで、中生の「サチユタカ」に比べて7~14日早く、本県では早生に属する(表1)。
  2. 主茎長は「タチナガハ」に比べてやや長いが倒伏の発生は少なく、「サチユタカ」とほぼ同等である(表1)。
  3. 最下着莢位置は「タチナガハ」より低い(表1)。
  4. 収量は「タチナガハ」に比べて多く、多収の「サチユタカ」とほぼ同等である。百粒重はやや小さい(表1)。
  5. 外観品質(検査等級)、子実中の粗蛋白質含有率は「タチナガハ」とほぼ同等である(表1)。
  6. 標高450m以上の地域では「タチナガハ」に比べて青立ちの発生は極めて少ない(図1)。また、低標高地では、6月中旬の播種では栽植密度にかかわらず青立ちの発生は少なく、6月上旬の播種では栽植密度が高まると青立ちの発生が多くなる(図2)。
  7. 豆乳の抽出率および固形分は「サチユタカ」と同等で、豆腐の硬さを示す破断応力は「サチユタカ」よりやや小さく、豆腐の歩留は「サチユタカ」に比べてやや低い(表2)。豆腐および豆乳の食味官能評価は「サチユタカ」との有意な差は認められず、ほぼ同等の食味特性を有する(データ略)。
成果の活用面・留意点
  1. 青立ちの発生が助長されるので標高450m以下の地域では作付しない。
  2. ダイズモザイクウイルスおよびダイズシストセンチュウに対する抵抗性は強である
    (育成地調査)。
  3. 最下着莢位置が低いので、コンバイン収穫時に土をかみ込まないように注意する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010010663
カテゴリ 経営管理 生産拡大 大豆 抵抗性 播種 品種 良食味

この記事は