トマト青枯病抵抗性台木「Bバリア」への高接ぎによる発病抑制効果の向上

タイトル トマト青枯病抵抗性台木「Bバリア」への高接ぎによる発病抑制効果の向上
担当機関 山口農試
研究課題名
研究期間 2002~2005
研究担当者 鍛治原寛
大井安夫
西見勝臣
刀祢茂弘
発行年度 2006
要約 青枯病抵抗性台木「Bバリア」を利用し、第2葉節位以上で接木することで、慣行の接木に比べて 青枯病の発病抑制効果が向上する。
キーワード トマト青枯病、台木、接木、高接ぎ、Bバリア
背景・ねらい 近年、施設での夏秋トマト栽培では、青枯病が多発生し、大きな問題となっている。青枯病の 防除技術として、主に抵抗性台木が利用されているが、その防除効果は十分ではない。そこで、 抵抗性台木利用による防除効果を向上させることを目的に、高接ぎによる発病抑制効果について検討する。
成果の内容・特徴
  1. 青枯病抵抗性品種「Bバリア」(トマト、タキイ種苗)を台木にし、第2葉節位以上で高接ぎを 行った場合、青枯病の発病抑制効果の向上が認められる(表1)。
  2. 「Bバリア」への第2葉節位以上の高接ぎによる青枯病の防除効果は、土壌中の青枯病菌密度が 約105cfu/乾土gの多発条件下でも認められる(表2)。
成果の活用面・留意点
  1. 接木は、接木用チューブを用い、挿し接ぎにより行った。
  2. 育苗・接木方法や接木後の栽培管理、定植後の収量性等については、今後検討する必要がある。
  3. その他の台木品種での効果は不明である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010010641
カテゴリ 青枯れ病 育苗 栽培技術 高接ぎ 台木 抵抗性 抵抗性品種 トマト 品種 防除

この記事は