不織布を利用したキャベツの無農薬・減農薬栽培技術

タイトル 不織布を利用したキャベツの無農薬・減農薬栽培技術
担当機関 山口農試
研究課題名
研究期間 2002~2005
研究担当者 西田美沙子
重藤祐司
刀祢茂弘
発行年度 2005
要約 作型に応じて適切な不織布資材を「べたがけ」又は「浮きがけ」することにより、キャベツ栽培での虫害を軽減でき、また、盛夏期の太陽熱処理を併用することで生育・収量が安定する。
キーワード 不織布、被覆、無農薬・減農薬栽培、太陽熱処理、キャベツ
背景・ねらい 野菜価格の低迷が続く中で、新鮮で安心な野菜の供給が求められると同時に、無農薬・減農薬栽培等、付加価値の高い野菜生産を目指す生産者も増加している。
そこで不織布を利用して簡易で省力、低コストな被覆栽培を行い、キャベツの無農薬・減農薬栽培技術を確立する。
成果の内容・特徴
  1. キャベツ結球部への虫害を軽減するために、以下の栽培方法が有効である。
    (1)
    本ぽ施肥は緩効性を含む肥料を使用し、全量基肥とする。
    (2)
    育苗時から被覆(浮きがけ)もしくは網室育苗をし、防虫対策を徹底する。
    (3)
    不織布内の雑草及び高温対策のため、白黒ダブルマルチなどを使用する。生分解性マルチも使用可能である。
  2. 被覆方法は、定植時期に応じ以下のとおりとする。「べたがけ(直がけ)」はキャベツが生長してもすそをもちあげることがないよう、幅に余裕を持たせて固定する。
  3. (1)
    表1)。
    (2)
    7月下旬~8月下旬定植では、高温時の定植のため、高温ストレス回避と病害虫による欠株防止に有効な遮光率40~45%のシルバー不織布を定植直後から「浮きがけ」する(表2)。
    (3)
    9月上旬~9月下旬定植では、光線透過率90%の不織布を定植直後から「べたかけ」する(表3)。
  4. 太陽熱処理を施肥・作畦後、透明フィルムで7月下旬から8月下旬まで全面被覆する方法で行う。これにより、土壌害虫による欠株および雑草の発生が抑えられ、生育・収量が安定する(表4)。
  5. 不織布やマルチ等の資材コストは、慣行栽培での農薬費と比較して10aあたり3万円程度高くなる。このため、1球あたり10円程度の高付加価値販売ができれば、経営的に成り立つ。
  6. 成果の活用面・留意点
    1. 標高50mの平坦地での試験である。
    2. 上記(2)の作型は定植時の粒剤施用を原則とし、不織布内の害虫発生状況によっては防除が必要である。
    3. 上記(3)の作型において太陽熱処理を実施した場合、マルチは必要ない。処理効果はその年の気象によって十分でない場合もあるため、被覆期間等の検討が必要である。
    4. 台風襲来時は「浮きがけ」の支柱を倒し「べたがけ」とする。
    5. この技術はキャベツの他、ブロッコリーなどに適用できるが、レタスは不織布内の高温により抽台が促進されるため不適である。
    URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010010435
    カテゴリ 育苗 害虫 キャベツ 経営管理 高温対策 高付加価値 コスト 栽培技術 雑草 施肥 低コスト 農薬 ブロッコリー 防除 レタス

    この記事は