性フェロモン剤と防虫ネットの組み合わせによるハウス栽培軟弱野菜の鱗翅

タイトル 性フェロモン剤と防虫ネットの組み合わせによるハウス栽培軟弱野菜の鱗翅
担当機関 大阪食とみどり技セ
研究課題名
研究期間 2004~2005
研究担当者 山田庸子(泉州農の普及課)
柴尾 学
谷山裕美子(泉州農の普及課)
田中 寛
発行年度 2005
要約 ハウス栽培の軟弱野菜において性フェロモン剤の処理と防虫ネットの開口部展張を組み合わせることで、コナガやハスモンヨトウなど鱗翅目害虫を効率的に防除することができる。
キーワード 性フェロモン剤、防虫ネット、鱗翅目害虫、ハウス、軟弱野菜
背景・ねらい ハウス栽培の軟弱野菜では鱗翅目害虫による被害が大きい。なかでも、コナガやハスモンヨトウは殺虫剤抵抗性が発達していることや、非結球アブラナ科葉菜類やシュンギクでは両種に登録されている殺虫剤が少ないことから、殺虫剤のみに依存しない防除法が求められている。そこで、鱗翅目害虫の交尾阻害に有効な性フェロモン剤処理と飛来侵入防止に有効なハウス開口部の防虫ネット展張を組み合わせた防除対策を確立する。
成果の内容・特徴
  1. 性フェロモン剤はアルミゲルア・ウワバルア・ダイアモルア・ビートアーミルア・リトルア剤(以下、AUDBL剤)またはアルミゲルア・ダイアモルア剤(以下、AD剤)を用い、10a当たり前者では100本、後者では100~120本をハウス内で均一になるようにハウスパイプや散水用パイプに処理する。防虫ネットは目合1㎜のネットを用い、ハウスの開口部および出入口に展張する。
  2. 性フェロモン剤と防虫ネットを組み合わせたフェロモン+ネット区、性フェロモン剤のみを処理したフェロモン区、防虫ネットのみを展張したネット区、無処理区を設け、各区にコナガおよびハスモンヨトウのフェロモントラップを設置すると、フェロモン+ネット区では誘殺成虫数が顕著に少なく、高い交信撹乱効果が認められる(表1、表2)。この原因として、ハウス開口部の防虫ネット展張によりハウス内の通気が抑制され、性フェロモンの流亡が抑えられるためと考えられる。
  3. 各区の栽培作目の食害状況を調べると、フェロモン+ネット区では食害株率が低く抑えられ、鱗翅類幼虫の生息はみられず、防除効果が認められる(表3、表4)。この原因として、前述の性フェロモンの流亡防止により交信撹乱効果が安定することに加え、防虫ネットの展張により外部からの既交尾雌成虫の飛来侵入が抑制されるためと考えられる。
成果の活用面・留意点
  1. AUDBL剤は野菜類、AD剤はコナガとオオタバコガの加害作物に適用があるため、本防除法はハウス栽培の多くの野菜類や花き類で活用できる。
  2. ハウスに防虫ネットを展張せず、性フェロモン剤のみ処理した場合では鱗翅目害虫の防除効果が得られない場合がある(表3)。
  3. 性フェロモン剤の資材コストはAUDBL剤(約10,000円/10a)とAD剤(約8,000円/10a)で異なるため、栽培作目や時期によりコナガとオオタバコガを防除対象とする場合、後者を使うことで資材コストを抑えることができる。
  4. 性フェロモン剤の処理と防虫ネットの展張が軟弱野菜の生育や品質に及ぼす悪影響は認められないが、夏季高温時にはハウス内の温度が上昇する場合がある。
  5. 本防除法はコマツナやミズナなど非結球アブラナ科葉菜類に発生するキスジノミハムシやアブラムシ類、シュンギクに発生するハモグリバエ類やアブラムシ類に対する防除効果が十分でないため、これらには薬剤による防除や他の物理的防除手段を併用する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010010372
カテゴリ あぶらな 害虫 コスト こまつな しゅんぎく 性フェロモン 抵抗性 フェロモン 防除 みずな 薬剤

この記事は