多収で、精麦品質に優れる裸麦新品種「トヨノカゼ」

タイトル 多収で、精麦品質に優れる裸麦新品種「トヨノカゼ」
担当機関 (独)農業・生物系特定産業技術研究機構 近畿中国四国農業研究センター
研究課題名
研究期間 1990~2005
研究担当者 柳沢貴司
高山敏之
高橋飛鳥
土井芳憲
土門英司
藤田雅也
松中 仁
伊藤昌光
石川直幸
杉浦 誠
発行年度 2005
要約 裸麦新品種「トヨノカゼ」は多収である。粒はやや円粒で、整粒歩合が高い。軟質で搗精時間が短く、精麦品質が優れる。大分県で認定品種に採用された。
キーワード ハダカムギ、多収、円粒、整粒歩合、精麦品質、精麦白度
背景・ねらい 1992年に育成された裸麦品種「イチバンボシ」は、安定多収のうえ精麦特性に優れることから、急速に作付面積を拡大し現在国内の裸麦の71%(2004年産)のシェアがある。しかし「イチバンボシ」に限定されるため、精麦品質に優れる新たな品種が求められている。そこで多収で、「イチバンボシ」より軟質で搗精に要する時間が短く、味噌加工に適する新たな品種を育成する。
成果の内容・特徴 「トヨノカゼ」は、1991年4月に四国農業試験場において、早生・良質・多収・大粒・大麦縞萎縮病抵抗性を育種目標に「四系9123」を母親、四国裸90号(後の「イチバンボシ」)を父親として人工交配(四交1301)を行い、F1を世代促進した。F2で個体選抜を行い、F3以降系統育種法によって選抜、固定を進めてきたものである。2004年度の世代は雑種第15代である。「イチバンボシ」と比較して、次のような特徴がある(表1)。
  1. 六条渦性で播性の程度はⅤである。出穂期は1~2日遅く、成熟期で同程度の早生である。
  2. 稈長はやや長く、穂長はやや短い。穂数は広幅播ではやや少ないが、ドリル播では同程度になる。耐倒伏性は「やや強」である。
  3. 大麦縞萎縮病抵抗性は「やや強」で、うどんこ病抵抗性は「中」である。
  4. 赤かび病抵抗性は「やや弱」である。穂発芽性は「やや難」である。
  5. 子実重は1割程度高く、整粒歩合はやや優る。リットル重、千粒重は同程度である。
  6. 原麦粒の見かけの品質は同程度である。粒の色、粒の大小は同程度である。粒の形はやや丸い。
  7. 60%搗精試験による精麦時間は短く、軟質である。精麦白度は同程度である。
成果の活用面・留意点
  1. 東海以西の平坦地に適する。
  2. 倒伏を招かぬように適期および適量播種に努める。
  3. 赤かび病にやや弱いので適期防除を行う。
  4. 大分県で認定品種に採用された。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010010298
カテゴリ 育種 萎縮病 いちご うどんこ病 大麦 加工 新品種 抵抗性 播種 はだか麦 品種 防除

この記事は