イチジク「桝井ドーフィン」栽培におけるイチジク株枯病およびいや地の発生に応じた台木の選択

タイトル イチジク「桝井ドーフィン」栽培におけるイチジク株枯病およびいや地の発生に応じた台木の選択
担当機関 大阪食み技セ
研究課題名
研究期間 2003~2004
研究担当者 瓦谷光男
細見彰洋
発行年度 2004
要約 いや地被害を受けにくい「Zidi」及び「King」を台木とするイチジク「桝井ドーフィン」苗は、イチジク株枯病が発生していない圃場に定植する。一方「Celeste」台「桝井ドーフィン」苗はイチジク株枯病の被害を免れるが、いや地の恐れがない圃場に定植するのが適当である。
キーワード イチジク、イチジク株枯病、いや地、サツマイモネコブセンチュウ、抵抗性台木
背景・ねらい イチジク栽培においては、イチジク株枯病(以下、株枯病)、いや地(サツマイモネコブセンチュウ被害を含む)など、土壌に起因する生育阻害が問題化し、その対策として、いくつかの抵抗性台木が有望視されている。そこで、イチジク「桝井ドーフィン」栽培での活用を前提とし、これらの台木について、定植を予定している圃場のいや地被害、土壌病害等の発生予測に応じた使用場面を明らかにし、栽培現場での適切な台木の選択を促す。
成果の内容・特徴
  1. サツマイモネコブセンチュウの寄生が少なく、いや地圃場でも比較的壮健に生育する「King」の場合、株枯病に対しては、葉片を用いた簡易検定(図1)、ポット苗での検定(図2)、汚染圃場での検定(表1下段)のいずれにおいても、その抵抗性は弱いと判断される。したがって、「King」は株枯病の発生のない圃場で用いるのが適当である(図3)。
  2. いや地圃場における樹勢衰弱を補強できる「Zidi」の場合、株枯病に対しては、葉片での病斑拡大が‘桝井ドーフィン’より軽微であるが(図1)、ポット苗(図2)や汚染圃場での検定(表1下段)の結果からは、本病に対する抵抗性は期待できないと判断される。したがって、「Zidi」も「King」と同様に、株枯病の発生のない圃場で用いるのが適当である(図3)。
  3. 「Celeste」は、葉片を用いた簡易検定(図1)やポット苗の検定(図2)で、その株枯病に対する抵抗性が認められる。また、台木として株枯病汚染圃場に定植しても、穂木‘桝井ドーフィン’の枯損を防止できる(表1下段)。ただし、いや地圃場では「桝井ドーフィン」の自根樹以上に生育が抑えられる(表1上段)ことから、「Celeste」は、新植園など、いや地が発生する恐れのないで圃場で用いるのが適当である(図3)。

成果の活用面・留意点
  1. いや地については定植場所の作歴や前作の生育状況から、株枯病については当該圃場や近隣での発生状況から、それぞれ発生を予測して適切な台木品種を選択する。
  2. 「Zidi」や「King」を台木に用いる場合は、常に株枯病の予防に留意する。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010010203
カテゴリ いちじく 栽培技術 台木 抵抗性 品種

この記事は