大型甘トウガラシ「松の舞」に適する疫病抵抗性台木品種の特性

タイトル 大型甘トウガラシ「松の舞」に適する疫病抵抗性台木品種の特性
担当機関 和歌山農技セ
研究課題名
研究期間 2001~2004
研究担当者 衛藤夏葉
西森裕夫
藤岡唯志
神藤 宏
発行年度 2004
要約 大型トウガラシ「松の舞」の半促成栽培における疫病抵抗性台木品種としては、上物収量が多い「スケットC」と「ベルホマレ」が適する。
キーワード トウガラシ、松の舞、接ぎ木、台木品種
背景・ねらい 和歌山県では大型甘トウガラシ(品種:「松の舞」)が『ねごろ大唐』の商品名で特産品目として栽培されている。しかし、施設栽培では連作による疫病の被害が拡大しており、耕種的な防除対策の1つとして抵抗性台木の導入が求められている。
そこで、大型甘トウガラシ(「松の舞」)の半促成栽培に適した疫病抵抗性台木品種を選定する。
成果の内容・特徴
  1. 大型甘トウガラシ(「松の舞」)に「スケットC」、「ベルホマレ」等を台木として用いると、萎凋株の発生がなく、親和性が高い。一方、「ベルマサリ」では不親和性を示し、定植後全ての株が萎凋し枯死に至る(表1)。
  2. 大型甘トウガラシ(「松の舞」)の疫病抵抗性台木品種としては、実生と同程度以上の総収量・上物可販果収量となる「スケットC」と「ベルホマレ」が適している(図1)。
  3. 大型甘トウガラシ(「松の舞」)の栽培で高温期に問題となる尻腐れ果の発生は「スケットC」と「ベルホマレ」を台木とした場合、実生と同程度である(表2)。
  4. 果実形質(果重、果長、果径、果肉厚)については、台木品種による差は見られない(表3)。

成果の活用面・留意点
  1. 「スケットC」はTMV抵抗性を持たないので、TMV発生圃場では用いない。
  2. 本成果は1~3月定植の半促成栽培に適する。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010010175
カテゴリ 栽培技術 施設栽培 台木 接ぎ木 抵抗性 とうがらし 品種 防除

この記事は