トラップ作物バーベナによる電照ギクのキクえそ病(TSWV)抑制効果

タイトル トラップ作物バーベナによる電照ギクのキクえそ病(TSWV)抑制効果
担当機関 広島農技セ
研究課題名
研究期間 2003~2005
研究担当者 松浦昌平
星野 滋
発行年度 2004
要約 施設電照ギク栽培で畝外側にバーベナを栽植することで、ミカンキイロアザミウマがバーベナに誘引され、本虫によって媒介されるキクえそ病(TSWV)の発生が顕著に抑制される。
キーワード キク、バーベナ、トラップ作物、TSWV、ミカンキイロアザミウマ
背景・ねらい キクえそ病(TSWV)は、主要媒介虫であるミカンキイロアザミウマに卓効を示す農薬が少なく、広島県沿岸部のキク栽培地帯で問題となっている。
バーベナ(Verbena×hybrida)はミカンキイロアザミウマをよく誘引することから、トラップ作物としての利用が期待される(Bennisonら;1998、Warnockら;2004)。そこで、施設電照ギクにおいてバーベナを栽植し、本虫が媒介するキクえそ病(TSWV)の抑制効果を検討する。
成果の内容・特徴
  1. バーベナは電照ギクの作期を通して開花し続け(データ省略)、ミカンキイロアザミウマを誘引するため、キクにおける本虫の発生量は、無処理区に比べ抑制される(図1)。
  2. バーベナでもミカンキイロアザミウマは増殖するため(データ省略)、開花始めのキクでは、トラップ作物区と無処理区における本虫の発生量は同等になる(図1)。
  3. バーベナの栽植により、キクにおけるミカンキイロアザミウマ発生量が減少したことで、TSWVの水平伝播が抑制される(図2)。その結果、キクえそ病の発生が伝染源付近に留まり、本虫が媒介するキクえそ病の発生は無処理区の11~13%に抑えられる(図2、3)。
  4. 以上から、トラップ作物バーベナのキク畝側面への栽植は、キクのミカンキイロアザミウマの発生を開花始めまで抑制し、キクえそ病の被害発生を著しく抑制する。

成果の活用面・留意点
  1. キク-バーベナ間の距離やバーベナ栽植割合とミカンキイロアザミウマ誘引効果との関係を明らかにし、生産者に利用できるトラップ作物の栽培法を確立する必要がある。
  2. バーベナでのミカンキイロアザミウマや他の害虫の増殖を抑える対策を検討する必要がある。
  3. トラップ作物の天敵供給源としての機能を評価する必要がある。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010010141
カテゴリ 害虫 きく 農薬 バーベナ

この記事は