野生イノシシに対するワイヤーメッシュを利用した簡易物理防護柵の侵入防止効果

タイトル 野生イノシシに対するワイヤーメッシュを利用した簡易物理防護柵の侵入防止効果
担当機関 滋賀県農総セ
研究課題名
研究期間 2003~2006
研究担当者 山中成元
常喜弘充
森野洋二郎
保積隆夫
前田友裕
野間直彦
近 雅博
発行年度 2004
要約 ワイヤーメッシュを利用した簡易な物理柵や平置きは、イノシシに対する侵入防止効果が高い。
キーワード 野生イノシシ、ワイヤーメッシュ、防護柵
背景・ねらい 野生イノシシによる農作物被害は被害面積、金額とも獣害の中で最も多く、壊滅的な被害を受けることから深刻な問題となっている。一般に、イノシシの被害対策は、農地の周囲に恒久的な物理柵や簡易な電気柵等を設置して侵入を防止する方法が講じられている。しかし、いずれの柵も設置や管理にはコストや労力がかかり、電気柵では専門的な知識を要するため、住民が簡便に施工できる物理柵が求められている。
そこで、近年、獣害防止柵の資材として注目されているワイヤーメッシュを利用した簡易な物理柵のイノシシに対する侵入防止効果について検討する。
成果の内容・特徴
  1. ワイヤーメッシュを立てた柵(ワイヤーメッシュ柵という)は、1.5mおきに支柱を打ち込み、ワイヤーメッシュ(2m×1m、目合い10cm、径6mm)を横2m、高さ1mとなるように支柱に針金等で固定していく。
  2. ワイヤーメッシュ柵を農地に設置した場合、イノシシの侵入防止効果は高い(図1)。
  3. ワイヤーメッシュ柵を獣道に設置した場合、柵の突破や前進がほとんど認められない(表1)。
  4. ワイヤーメッシュの短辺方向の両端を高さ10cmとなるよう折り曲げ平置きすることにより、イノシシの侵入頭数および被害は減少する(図2、表2)。
  5. 以上の結果より、ワイヤーメッシュを利用した簡易な物理柵や平置きは、イノシシに対する侵入防止効果が高い。

成果の活用面・留意点
  1. ワイヤーメッシュの規格は、強度や子イノシシの侵入等を考慮すると鉄筋の太さ6mm、目合い10cmを使用するのがよく、単価は1m当たり500~1,000円と比較的安価である。
  2. ワイヤーメッシュ柵の施工は、持ち上げや押し倒しがないよう支柱、地面とワイヤーメッシュとの間に隙間をつくらないことや、支柱をしっかり固定する必要がある。
  3. ワイヤーメッシュの平置きは、トタン柵等の既存の侵入防止柵と組み合わせるとよいが、単独で使用する場合、大きなイノシシ等では侵入されることがあるので、設置時には、さらに歩行や跳躍が困難になる工夫を行うことが望ましい。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010010124
カテゴリ コスト 防護柵

この記事は