Web上で利用する水稲の出穂期・成熟期予測システム

タイトル Web上で利用する水稲の出穂期・成熟期予測システム
担当機関 兵庫農技総セ
研究課題名
研究期間 2002~2004
研究担当者 須藤健一
牛尾昭浩
吉田智一(近中四農研)
高橋英博(近中四農研)
発行年度 2004
要約 水稲6品種の出穂期・成熟期を予測するシステムをWeb上に構築した。栽培品種、田植え月日を選択し、移植した苗の葉齢を入力する。その後、地図上で栽培地点を選択すると、当該年の気象値に基づく予測値が直ちに表示される。
キーワード イネ、出穂期、成熟期、DVR、リアルタイム予測、Webアプリケーション
背景・ねらい 水稲の出穂期・成熟期の予測値がリアルタイムにかつ簡便に把握できることは、肥培管理の上からも、適期収穫の上からも重要である。そこで、メッシュ単位の気象データを基に出穂期・成熟期を予測する「兵庫県メッシュ気候データベース」に新たに品種を追加し、気象データを自動更新するとともに、インターネット上で利用者に情報を提供できるシステムを開発する。
成果の内容・特徴
  1. 水稲の出穂期・成熟期を予測するシステムとして作成している「兵庫県メッシュ気候データベース」を基本に、今までのモデル式の改良と新たに「ヒノヒカリ」のモデル式を作成している。
  2. 発育予測モデルはDVR(Developmental rate)を用いている(図1)。DVRで発育ステージを予測するとき移植からの日平均気温と天文日長を利用するが、日平均気温はアメダスの観測値から距離比例配分方式で推定している。
  3. 予測のために利用するアメダス気温値は毎朝5時に更新され、アクセスの前日まではアメダス観測値からの推定値、以降は平年気温を用いている。天文日長は緯度から算出している。
  4. 現在予測できる品種は、コシヒカリ、キヌヒカリ、どんとこい、日本晴、山田錦、ヒノヒカリであり、移植時の苗の葉齢は2葉から5葉(不完全葉を含む)で、モデル式の移植から出穂期までの標準誤差は、コシヒカリ、山田錦で±1.5日、日本晴では±3.0日、他の品種はその間である。
  5. Webサーバー上にモデルによる予測式と、データベースからの気象値、WebGISからの地点を統合するアプリケーションを作成し、一般の利用者の便宜を図っている(図2)。
  6. 利用者はアクセス後、栽培品種、移植した月日を選択し、移植時の苗齢を入力する。その後、地図上で栽培圃場地点を選定し、「実行」ボタンをクリックすると出穂期と成熟期の予測値が表示される(図3)。

成果の活用面・留意点
  1. 出穂期、成熟期が予測できることから、穂肥の施用時期や病害虫防除時期、収穫時期の決定などに利用できる。
  2. 現在は兵庫県限定版であるが、近畿中国四国地域の共同研究として、2004年度中に予測システムの対応地域を拡大する予定である。
  3. 得られる結果はあくまでも予測値であり、利用に当たっては注意すること。
  4. 現在、 http://pc25.cgk.affrc.go.jp/ricediag/predict.aspx で公開している。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010010098
カテゴリ ICT 水稲 データベース 肥培管理 品種 病害虫防除

この記事は