陸稲由来イネ縞葉枯病抵抗性遺伝子のDNAマーカー

タイトル 陸稲由来イネ縞葉枯病抵抗性遺伝子のDNAマーカー
担当機関 (独)農業・生物系特定産業技術研究機構 近畿中国四国農業研究センター
研究課題名
研究期間 1999~2003
研究担当者 前田英郎
春原嘉弘
飯田修一
松下景
根本博
発行年度 2003
要約 陸稲由来イネ縞葉枯病抵抗性遺伝子Stva、Stvbはそれぞれ第2、11染色体に座乗する。これらの遺伝子を用いた抵抗性品種育成に利用可能なSSRマーカーを作出した。
キーワード イネ、縞葉枯病、DNAマーカー、育種選抜
背景・ねらい 陸稲由来イネ縞葉枯病抵抗性はStva、Stvbの2遺伝子で成り立っている。この遺伝子を生物検定により水稲品種に導入するには多大な労力と熟練した技術を必要とするため、効率よく選抜できる手法が必要である。このため、抵抗性遺伝子をDNAマーカー地図上に位置づけるとともに、簡便に遺伝子型を判別できるSSR(Simple Sequence Repeat)マーカーを開発する。
成果の内容・特徴 1.
日本晴×陸稲関東72号のF3系統群を用いたQTL解析結果より、陸稲由来イネ縞葉枯病抵抗性遺伝子Stva、Stvbはそれぞれ第2、11染色体長腕に座乗している(図1、2)。
2.
第2染色体上の10個のSSRマーカーと2つのRFLPマーカーがStvaと連鎖しており、SSRマーカーMS-9とMS-47を用いることで効率の良い選抜が可能となる(図1)。
3.
第11染色体上の6個のSSRマーカーと4つのRFLPマーカーがStvbと連鎖しており、SSRマーカーRM209とRM5312を用いることで効率の良い選抜が可能となる(図2)。
成果の活用面・留意点 1.
育成系統の抵抗性遺伝子の有無を判定できることから、育種における間接選抜が可能である。
2.
DNAマーカー選抜には抵抗性親または抵抗性遺伝子のドナーとなる陸稲系統を加え、選抜の指標とすることが望ましい。
3.
第11染色体Stvb近傍のSSRマーカーはインド型品種「Modan」由来の複対立遺伝子であるStvb-iの選抜にも利用でき、共優性マーカーであるためホモ、ヘテロの判別が可能である。
4.
第2染色体のStvaと連鎖するSSRマーカー(MS-3~MS-51)のプライマー配列に関しては近中四農研のHP上に公開する予定である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010010070
カテゴリ 育種 縞葉枯病 抵抗性 抵抗性遺伝子 抵抗性品種 DNAマーカー 品種 陸稲

この記事は