ホルスタイン種体細胞クローン牛の採卵成績及び後代牛の生産

タイトル ホルスタイン種体細胞クローン牛の採卵成績及び後代牛の生産
担当機関 徳農技セ畜産研
研究課題名
研究期間 2002~2003
研究担当者 笠井裕明
福見善之
立川 進
発行年度 2003
要約 同一ドナー細胞由来ホルスタイン種体細胞クローン牛3頭は一般牛同様に過剰排卵処理することにより受精卵を回収することができ、また、得られた胚の移植により後代牛の生産が可能である。
キーワード 乳用牛、体細胞クローン牛、小卵胞数、過剰排卵処理、受精卵移植、後代牛、
背景・ねらい 泌乳及び繁殖能力の実証されたホルスタイン種乳用供卵牛から体細胞クローン牛を生産し、その後代牛を安定的に確保することを目的に、同一ドナー細胞由来ホルスタイン種体細胞クローン育成雌牛3頭(NT区:188、190、191号)について過剰排卵処理を実施し、同月齢の同居育成牛(AI区)とその反応性を比較検討するとともに、得られた胚の一部について性判別後移植して後代牛の生産を試みる。
成果の内容・特徴
  1. 過剰排卵処理前周期における卵巣動態の観察では供試牛全頭で排卵後黄体形成に伴い直径14~18mmに達する主席卵胞の発育が観察され、平均小卵胞数はNT区が20.7±6.0個/日、AI区が10.6±3.9である。また、NT区の1頭の血中黄体ホルモン値は発情日には0.2ng/ml以下、黄体期には4.3~9.3ng/mlである(図1)。
  2. 過剰排卵処理周期ではE製剤投与により主席卵胞の直径は各個体毎に前周期の主席卵胞より比較して小さく直径10~14mmである。過剰排卵処置開始時における小卵胞数はNT区18.0±3.5個、AI区11.0±7.0、処置後の推定黄体数は各々9.3±1.5、7.6
    ±3.0、回収胚数は5.3±1.5、6.3±3.5である(表1)。
  3. NT区で得られた胚8個を性判別した結果、雄胚4、雌胚4個で、受胚牛5頭に各々1個移植したところ妊娠が確認されたのは2頭である。また、AI区では10個を性判別した結果、雄胚4、雌胚6個で4頭に各々1個移植し妊娠が確認されたのは3頭である(表2)。
  4. 体細胞クローン牛は同居牛と同様に過剰排卵処理に反応し、胚が回収され、得られた胚を移植することにより妊娠が成立し、自然分娩で後代牛は正常に誕生する。

成果の活用面・留意点
  1. クローン後代牛の発育性・生産能力の調査は実施していない。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010010041
カテゴリ 受精卵移植 繁殖性改善

この記事は