飼料イネ刈り取りに適した改造コンバインの利用

タイトル 飼料イネ刈り取りに適した改造コンバインの利用
担当機関 京都畜技セ
研究課題名
研究期間 2001~2003
研究担当者 岩間仁志
吉岡正行
合田修三
新森敏弘
発行年度 2003
要約 飼料イネの小規模の収穫作業で問題となる刈り取り機械は、コンバインの脱穀部分を取外し、簡易に改造すれば、安価な収穫機械として利用できる。
キーワード 飼料イネ、飼料作物、肉用牛、コンバイン、収穫機械
背景・ねらい 自給飼料の増産や水田の有効活用の面から期待されている飼料イネの栽培法は、一般水稲と同じであるが、ホールクロップサイレージとして利用することから、刈り取り・調製は、主に牧草収穫機械や専用収穫機械によるラップサイレージ調製が行われている。
しかし、小規模肉用牛農家では収穫利用を考えた場合、高価な機械導入は無理であり、ラップサイレージの大きいものには対応できないことから、1個30kg前後のミニロールベーラのラップサイレージ体系が普及しつつある。
そこで、ミニロールベール体系に組み込む場合の安価な刈取り機械として、中古コンバインの活用を検討する。
成果の内容・特徴
  1. 2条刈りコンバインの脱穀部分であるこぎ胴を取り去り、その部分をトタン板で覆い、飼料イネの穂先がスムーズに流れるようにガイドを取り付ける。取り付けは、既存のボルトに合わせて穴あけ加工し、ナットで固定する(写真1、2)。
  2. 今回の改造に用いたコンバインは旧式のため無償であり、改造に要する材料費はトタン板の1,160円(税抜き価格)である。
  3. 収穫時の飼料イネの切断長は、コンバインのカッター部分の刃の枚数を減らすことで調節できる。
  4. コンバインで低速刈り取りすると、10a当り60分かかり、ディスクモアに比べかなり遅いものの、ミニロールベール体系で十分利用できる(写真3)。
  5. 改造コンバインを利用して、30kg前後のミニロールベールにした飼料イネサイレージの品質は良好である(表1)。

成果の活用面・留意点
  1. コンバインの改造、調整、メンテナンスの面から、上こぎ式コンバインが適する。
  2. 改造コンバインは、刈り取り速度の点から一区画10~20a規模の飼料イネ栽培に適する。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010010017
カテゴリ 加工 収穫機 飼料作物 水田 水稲 肉牛

この記事は