水稲−イタリアンライグラス連続不耕起栽培におけるもみ殻牛ふん堆肥の利用

タイトル 水稲−イタリアンライグラス連続不耕起栽培におけるもみ殻牛ふん堆肥の利用
担当機関 岡山農総セ
研究課題名
研究期間 1999~2003
研究担当者 山本章吾
大家理哉
発行年度 2003
要約 水稲-イタリアンライグラス連続不耕起栽培においてもみ殻牛ふん堆肥を連用(1t/10a、2回/年)すると、化成肥料を減肥しても収量は減少せず、不耕起土壌においても下層土の交換性塩基類および可給態リン酸の減少を防止でき、地力の低下も起こらない。
キーワード 水稲、イタリアンライグラス、不耕起栽培、もみ殻牛ふん堆肥、減肥
背景・ねらい 耕種農家と畜産農家の連携により有機質資源(稲わら、牧草、家畜ふん)の利用を促進するため、家畜ふん堆肥の水田における利用技術の確立が望まれている。一方、不耕起栽培は省力栽培法である利点があるものの、稲わらを土壌に還元しないと下層土の地力低下が懸念される。そこで、水稲-イタリアンライグラス連続不耕起栽培体系において、もみ殻牛ふん堆肥(以下、堆肥)による化成肥料の代替効果および稲わら等の持ち出しにともなう地力低下の防止効果について検討する。
成果の内容・特徴
  1. 水稲-イタリアンライグラス連続不耕起栽培において、堆肥連用の際に窒素およびリン酸肥料を補給すると、施肥成分量を減肥しても化成肥料分施区と同等の精玄米収量(5作平均526kg/10a)およびイタリアンライグラスの乾草収量(4作平均748kg/10a)が得られる(図1、表1)。
  2. 堆肥の連用が進むにつれて水稲、イタリアンライグラスの窒素吸収は促進されるが、堆肥に5kg/10aの窒素肥料を補給した区の水稲作では、7作目以降に稈長の伸長による倒伏や玄米中窒素濃度の上昇による食味の低下が起きやすくなるので、窒素肥料の削減が必要である(図2、表2)。
  3. 堆肥の連用により削減できる化成肥料は、10a当たり水稲作では窒素3kg、リン酸4kg、加里8kg、イタリアンライグラス作では窒素6kg、リン酸4kg、加里12kgである。ただし、堆肥を7回以上連用した圃場での水稲作では、窒素の削減量を5kg/10aとする(図1、表1、2)。
  4. 稲わらを還元しない不耕起栽培圃場(中粗粒黄色土)における堆肥の連用は、土壌の腐植、全窒素および可給態窒素を増加させるばかりでなく、下層土の交換性マグネシウム、カリウムおよび可給態リン酸の増強効果がある(表3)。

成果の活用面・留意点
  1. 連続不耕起栽培体系の水稲作は不耕起乾田直播栽培、イタリアン作は水稲収穫前の散播栽培で、品種は水稲がコシヒカリ、イタリアンがワセアオバである。
  2. 堆肥の施用時期は、作物の生育・養分吸収がおう盛で乾田時の硝酸態窒素溶脱が起こりにくい時期に行い、水稲作では入水直前、イタリアン作では3月上旬とする。堆肥の施用量は、含有率の高い加里を制限因子として、毎作現物1t/10aとする。


URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010009908
カテゴリ イタリアンライグラス 乾田直播 水田 水稲 施肥 肉牛 品種 不耕起栽培 良食味

この記事は