打ち込み土中点播栽培における基肥一回施肥法

タイトル 打ち込み土中点播栽培における基肥一回施肥法
担当機関 作物研究室
研究課題名
研究期間 1999~2003
研究担当者 熊谷 均
松原秀樹
坂東 悟
久重祐彦
西尾博之
発行年度 2003
要約 打ち込み式代かき同時土中点播栽培「ひとめぼれ」「コシヒカリ」において、市販の被覆尿素複合肥料、又は溶出日数の異なる被覆尿素肥料の混合物を基肥時に一回施用すれば化成分施体系と同等~8割相当の窒素量で収量・品質が同等に確保でき、省力化になる。
キーワード イネ、湛水直播、ひとめぼれ、コシヒカリ、基肥一回施肥、被覆尿素肥料
背景・ねらい 低コスト・省力化をねらいに打ち込み式代かき同時土中点播栽培を推進する上では、本県の主要品種である「ひとめぼれ」「コシヒカリ」を対象に施肥作業の省力化を実現する必要がある。このため、被覆尿素肥料、被覆複合肥料を活用した基肥一回施肥法について、玄米収量・品質への影響を調査し、実用性を確認する。
成果の内容・特徴
  1. 速効性窒素成分を2割含み、残り8割にシグモイド型100日とリニア型140日のタイプの被覆尿素肥料を等量含む被覆複合肥料を基肥時に一回施用することで、基本とする分施体系と同等に精玄米重が確保でき、倒伏程度、検査等級も同等となる。この場合の施用窒素量は分施体系と同等~8割程度が目安となる(図1、表1)。
  2. 「ひとめぼれ」においては被覆尿素肥料のシグモイド型100日とリニア型140日、又 はシグモイド型100日とリニア型70日のタイプを等量混合したもの、「コシヒカリ」においては被覆尿素肥料のシグモイド型100日とリニア型100日のタイプを等量混合したものを基肥時に一回施用することで、基本とする分施体系と同等以上の生育量が確保できる。
    この場合、施用窒素量は分施体系の8割程度が目安となり(図1、表1)、窒素吸収 量から判断すると、窒素施肥法としては1の方法よりも有効である。
  3. 2002年に行った被覆尿素肥料の溶出試験結果を見ると、リニア型140日タイプでは収穫時にも4割程度の窒素が溶出せずに残っている。このため、シグモイド型100日タイプと混合するリニア型タイプは、品種の生育特性に適した被覆尿素肥料を選択する(図2、表1)。

成果の活用面・留意点
  1. 試験は5月播種の打ち込み式代かき同時土中点播栽培「ひとめぼれ」「コシヒカリ」に関し、平坦地~中山間地の灰色低地土ほ場において実施したものであり、その他の品種では検討を行っていない。
  2. 被覆尿素肥料を混合して施肥する場合は、別途リン酸、加里の施肥を考慮することが必要であるが、窒素施肥のみで十分な土壌中のリン酸・加里含量の高いほ場では有効な施肥法である。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010009871
カテゴリ 省力化 施肥 中山間地域 低コスト省力化 播種 品種

この記事は