法面等の雑草鋤込み・露地ビニルマルチによる土壌物理性改善と雑草発芽抑制

タイトル 法面等の雑草鋤込み・露地ビニルマルチによる土壌物理性改善と雑草発芽抑制
担当機関 岡山農総セ
研究課題名
研究期間 1987~2003
研究担当者 日原誠介
高野和夫
妹尾知憲
大久保和男
発行年度 2003
要約 水稲「岡山赤糯61号」は、晩生の赤米、糯性品種で、赤米種としては耐倒伏性が強い。玄米の色は赤褐色で、紅白もち、赤飯等に利用できる。
キーワード イネ、岡山赤糯61号、赤米、糯性、晩生
背景・ねらい 岡山県内では、本州で唯一、赤米の在来品種を用いた神事が行われており、その神饌は県の重要無形文化財に指定されている。赤米は地域特産物として注目され、産地化が試みられているが、赤米の在来品種は稈長が極めて長く、耐倒伏性に劣り、粳性で食味も劣る。
そこで、糯性を導入し、栽培特性を改良した赤米品種を育成する。
成果の内容・特徴
  1. 「岡山赤糯61号」は、1987年に粳性の赤米品種「総社赤米」を母本に、「サイワイモチ」を父本として交配し、集団育種法で育成した晩生の赤米糯品種である。
  2. 出穂期は「総社赤米」より2日、成熟期は6日程度遅い晩生の晩に属する糯種である(表1)。
  3. 稈長は「総社赤米」より40cm程度短く、耐倒伏性に優れる。穂数は「総社赤米」より多く、草型は穂数型である。
  4. 芒は「総社赤米」と同様に多くて長く、芒色は赤褐色で、観賞用にも適する。脱粒性は中である。
  5. 収量性は「総社赤米」並である。
  6. いもち病真性抵抗性遺伝子型はPita-2を持つと推定される。
  7. 玄米の大きさは「総社赤米」より大きく、玄米の色は赤褐色である。
  8. もちの食味は「サイワイモチ」よりやや劣る。
  9. 作期を早めることにより増収し、玄米の着色も良くなる(表2)。

成果の活用面・留意点
  1. 2003年に品種登録出願し、岡山県南部の標高100m以下の平坦地域で、紅白もち、赤飯、菓子、観賞用等の岡山県内における地域特産物として普及を図る。
  2. 玄米の着色を良くするために、作期は可能な限り早める。
  3. 穂発芽性が易なので、適期刈り取りを行う。
  4. 他品種への混入および他品種との自然交雑に留意する。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010009857
カテゴリ 育種 いもち病 雑草 水稲 抵抗性遺伝子 品種 良食味

この記事は