サル、イノシシに対する簡易侵入防止柵「サーカステント」

タイトル サル、イノシシに対する簡易侵入防止柵「サーカステント」
担当機関 滋賀県農総セ
研究課題名
研究期間 2001~2002
研究担当者 寺本憲之
井上雅央(奈良県農技セ)
山中成元
常喜弘充
上田栄一
発行年度 2002
要約 弾性ポールの柔軟性を利用したサーカス型屋根網を有する侵入防止柵「サーカステント」はサルに対して高い侵入防止効果があり、イノシシに対する回避効果も高い。
キーワード サル、イノシシ、侵入防止柵、サーカステント
背景・ねらい サルやイノシシによる農作物被害対策の一つとして、電気柵等の物理的防護柵の設置がある。しかし、電気柵や物理柵の設置は素人では困難であり、設置後も漏電対策のため柵周辺の草刈りを頻繁に実施しなければならない。また、これらの柵は家庭菜園規模の小面積農地を囲うには不適である。そこで、侵入防止効果を第1目標として、安価で高齢者でも容易に設置できる簡易侵入防止柵を開発する。
成果の内容・特徴 1.
1.8m程度の単管パイプに長さ2.7mの弾性ポール1本を40~50cm差し込み、パイプ口付近にビニルテープ等で固定して弾性支柱を作製する。弾性ポールの先端部をサルよけ網側面に固定し、サルよけ網を内上方向へ引っ張り上げるように弾性支柱のパイプ先端側を内側へ傾けて土中へ差し込み(突き刺すだけでよい)、テント型網屋根を設置する(図1・2)。
2.
側面はシシよけ網を支柱先端で結束バンドで固定し、外方で折り返しをつけてペグで固定する(図1・2)。
3.
非固定式テント型網屋根を有する本柵は、サルの柵越えによる侵入防止効果が高い(図1・2、表1)。
4.
本柵はイノシシに対する回避効果が高い(表1)。
5.
以上の結果より、簡易防護柵「サーカステント」は、サルやイノシシに対して高い侵入防止効果がある。
成果の活用面・留意点 1.
使用資材の種類と個数は次のとおりである。
2.
群れや学習程度の違いによって侵入防止効果が低下する場合があるが、柵の構造上から、猿落君標準型、ジャンボ等より防止効果の継続性が長いと考えられる。
3.
今回供試したサルよけ網は安価であるが、耐用年数が2~3年と短い。
4.
本柵の資材費は、1m当たりサル単用(横パイプ1本、シシよけ網なし)で1,100円、サル・イノシシ併用(横パイプ2本、シシよけ網付)で1,400円とやや高く、コスト削減の面で検討が必要である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010009684
カテゴリ 防護柵

この記事は