小型反射式光度計による土壌可給態リン酸と交換性加里・苦土測定法

タイトル 小型反射式光度計による土壌可給態リン酸と交換性加里・苦土測定法
担当機関 京都丹後農研
研究課題名
研究期間 2001~2002
研究担当者 浅井信一
発行年度 2002
要約 小型反射式光度計のセルテストを利用する土壌養分の簡易測定において、低濃度の可給態リン酸が測定でき、抽出液を改良することにより交換性加里が測定できる。
キーワード 小型反射式光度計、可給態リン酸、交換性加里
背景・ねらい 施設等では肥料成分の土壌への集積が問題となりやすく、生産現場における土壌診断に基づく施肥管理が求められている。土壌診断のための土壌養分簡易測定法として、小型反射式光度計の試験紙とセルテストを利用する方法が普及しているが、可給態リン酸(試験紙)では測定感度が低いために低濃度域の測定ができない例があり、また、交換性加里(セルテスト)については検討されていない。そこで、小型反射式光度計のセルテストを利用する可給態リン酸、交換性加里の簡易測定方法を検討する。
成果の内容・特徴 1.
可給態リン酸では、小型反射式光度計のセルテスト(以下セルテスト法)による測定値と公定法(トルオーグ法)による測定値との相関は高く、10mg/100g以下の低濃度域でも測定できる(図1)。
2.
交換性加里では、原子吸光光度計を用いる簡易法(バッチ法b)における抽出液では、アンモニウムイオンが妨害物質となりセルテスト法では測定できないので、酢酸アンモニウムを酢酸ナトリウムに変更することによりセルテスト法での測定が可能となる(データ省略)。その上で、セルテスト法の測定範囲内に入るように抽出比を変更すると、抽出はやや抑制されるが公定法による測定値との相関は高く、セルテスト用の抽出液として利用できる(図2)。こうして抽出液組成と抽出比を変更してセルテスト法で測定する値と簡易法(バッチ法b)による測定値との相関は高い(図3)。
成果の活用面・留意点 1.
本成果は測定時の液温が20℃の条件での結果である。可給態リン酸では、液温が15℃、25℃、30℃の条件で20℃の値と大きな変化はないので、15~30℃の条件で測定できる。交換性加里では、15℃の条件では値がやや低くなるので、20~30℃の条件で測定することが望ましい。
2.
本成果と既存の成果により、小型反射式光度計(セルテストタイプの機種)を用いた土壌養分の簡易な測定法は、肥料成分の主要な5要素[窒素(アンモニア態・硝酸態)、リン酸、加里、石灰、苦土]で可能となる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010009664
カテゴリ 簡易測定 施肥 土壌診断

この記事は