二条大麦品種「ニシノホシ」の奨励品種採用

タイトル 二条大麦品種「ニシノホシ」の奨励品種採用
担当機関 徳島県立農林水産総合技術センター
研究課題名
研究期間 1994~2001
研究担当者 藪内和男
吉原 均
河村智嗣
発行年度 2002
要約 耐倒伏性にすぐれ安定して多収が得られる二条大麦品種「ニシノホシ」を奨励品種に採用する。
キーワード 二条大麦、ニシノホシ、奨励品種、耐倒伏性、安定多収
背景・ねらい 本県ではビール大麦品種として採用した「とね二条」が大粒大麦として流通しているが、「とね二条」は耐倒伏性がやや弱く収量性に難がある。二条大麦の作付面積は減少傾向にあるが、実需者からは麦茶用途を中心に生産の拡大が要望されており、栽培適性のすぐれた二条大麦品種を普及することにより二条大麦の生産振興を図る。
成果の内容・特徴 「ニシノホシ」は「とね二条」と比較して、
  1. 出穂期は2~4日、成熟期は3日程度遅い。
  2. 稈長は15cm程度短く、穂長はやや長い。穂数はやや多い。
  3. 収量性は、20%程度高い。
  4. 千粒重は1~2g軽く、容積重は同程度である。
  5. 耐倒伏性はやや強い。
  6. 外観品質および病害抵抗性は同程度である(以上、表1、2)。
成果の活用面・留意点
  1. 普及適応地帯は、吉野川流域を中心とした平坦部水田地帯である。
  2. 「とね二条」よりやや耐倒伏性は強いが、強稈品種ではないので、施肥量は「とね二条」に準じる。
  3. 大麦斑葉病など種子伝染性病害防除のため、必ず種子消毒を行う。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010009627
カテゴリ 大麦 種子消毒 水田 施肥 品種 病害抵抗性 防除 麦茶

この記事は