穀粒自動計数機を利用したイグサ茎の省力的な計数法

タイトル 穀粒自動計数機を利用したイグサ茎の省力的な計数法
担当機関 広島農技セ
研究課題名
研究期間 1990~2002
研究担当者 建本 聡
発行年度 2002
要約 イグサの茎数調査は、穀粒自動計数機の試料送り部の調整金具をイグサ茎が1本だけ通過できるように調節し、送り速度を10に、イグサ茎を20mmに切断することにより、誤差-1.1~0%の範囲内で軽労・省力的に行える。
キーワード 茎数、穀粒自動計数機、軽労、省力、イグサ
背景・ねらい イグサの収穫物調査では、重要項目である茎数調査を手作業で行っており、本数が多いため労力と時間を要している。これまでにも茎数調査の軽労化・省力化が試みられているが、成功していない。そのため、イグサの茎数を誤差が小さく、軽労・省力的に調査できる方法を開発する。
成果の内容・特徴 1.
穀粒自動計数機(F製作所・KC-10)を使用し、その調整金具(図1)を、試料の重なりを防ぎ、イグサ茎が1本だけ通過できるように正面を幅約1.5mm、高さ約2mmに、側面を落下口方向が約2mm上がるように調整する(図2)。
2.
試料の計数部への送り速度を調節するcount-speedの値は10に設定し、調査試料のイグサ茎は20mmに切断することにより計数誤差が小さく、計数時間が短くなる(表1)。
3.
本年度の系統選抜試験に供試した結果、誤差は-1.1~0%で、精度は高い(表2)。
4.
穀粒自動計数機による調査では、計数時間は手作業より長いが、人力による作業は試料の調整等の作業のみで500本当り50秒程度であり、手作業による計数調査の25%となり、イグサ茎数調査の軽労・省力化が図られる(表1)。
成果の活用面・留意点 1.
試料を切断するので調査の最終段階で使用する。
2.
極端に太い試料を計数する際は、茎が落下しないことがあるので、調整金具を調節する。
3.
イグサ茎を切断する時は、計数誤差の原因となる「はかま」で包まれた部分を切断、除去し、その上部を切り取る。また、大きな束にすると、同じ茎の二度切りによる計数誤差を生じるので、小束にして一回で切断する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010009617
カテゴリ いぐさ 軽労化 省力化

この記事は