有機栽培コマツナでの主要害虫の発生消長

タイトル 有機栽培コマツナでの主要害虫の発生消長
担当機関 (独)農業技術研究機構 近畿中国四国農業研究センター
研究課題名
研究期間 2001~2003
研究担当者 長坂幸吉
田中和夫
尾島一史
発行年度 2002
要約 有機栽培コマツナ圃場では28種以上の害虫が発生する。主要種はアブラムシ類とコウチュウ類であり、春にはニセダイコンアブラムシ、春から夏にはキスジノミハムシ、秋にはダイコンハムシ、冬にはヤサイゾウムシが発生し、大きな被害をもたらす。
キーワード 有機栽培、コマツナ、ニセダイコンアブラムシ、キスジノミハムシ、ダイコンハムシ、ヤサイゾウムシ
背景・ねらい 近畿・中国の中山間で野菜を生産する農家は環境保全型農業、特に無農薬・無化学肥料への指向が強い。しかしながら、アブラナ科野菜を無農薬栽培した場合に多くの害虫が問題となるが、その状況を把握したデータの蓄積は少ない。そこで、有機栽培によるコマツナの周年生産を長年続けているハウスで害虫調査を行い、無農薬状態での安定した害虫相を明らかにする。
成果の内容・特徴 1.
京都府美山町において5年間以上有機栽培によるコマツナ周年栽培を行った圃場(雨よけハウス計10棟、1mm目合いサイドネットあるいは不織布じかがけ)では合計28種以上の害虫が発生する。種名が確認されたのは、バッタ目3種、アザミウマ目1種、カメムシ目4種、コウチュウ目4種、チョウ目12種、ハエ目1種、ハチ目3種、クモ網ダニ目1種である(表1)。
2.
主要害虫は、ニセダイコンアブラムシを主としたアブラムシ類(2年間の観察個体数の86.2%)と、キスジノミハムシ、ダイコンハムシ、ヤサイゾウムシを主としたコウチュウ類(7.2%)である(表1)。
3.
収穫物への付着が問題となるアブラムシ類では、ニセダイコンアブラムシが3月から6月と9月から12月に発生する(図1)。
4.
コウチュウ類では、キスジノミハムシが4月から9月まで、ダイコンハムシが9月から11月に、ヤサイゾウムシが11月から3月に発生する(図2)。
5.
食害は、真冬を除き、おおむね40%以上の本葉に見られ、その被害率の推移はコウチュウ類3種の発生量と同調している(図3)。
6.
この他に、春にはナモグリバエ、春から秋にかけてカブラハバチ類、被覆が不徹底な場合にはモンシロチョウ、コナガ、カブラヤガ等が発生する(データ省略)。
成果の活用面・留意点 1.
無農薬栽培では、慣行栽培で問題となる難防除害虫だけでなく、農薬に弱いとされるマイナー害虫への対策が重要となる。
2.
中山間地域の小規模野菜農家を対象とした減・無農薬を特徴とする技術体系の基礎データとして利用する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010009603
カテゴリ あぶらな かぶ カメムシ 害虫 こまつな だいこん 中山間地域 農薬 防除

この記事は