ハーブ類の法面植栽への利用

タイトル ハーブ類の法面植栽への利用
担当機関 兵庫中央農技セ
研究課題名
研究期間 1999~2001
研究担当者 加藤雅宣
岩井豊通
山本晃一
松本功
須藤健一
和田修
発行年度 2001
要約 法面植栽のハーブとして比較的生育のよいタイム類、オレガノおよび安定した生育を示すクリーピングローズマリーを選定した。現地圃場での生育から、補完資材として防草シートを組み合わせた植栽が好ましい。
キーワード 法面、ハーブ、防草シート
背景・ねらい 畦畔・法面の草刈り等の管理作業は、負担の大きい作業である。労力不足から放任畦畔等が生じることによって農村景観が損なわれており、畦畔・法面管理作業の省力・軽作業化と景観にあった植生管理技術の開発が求められている。そこで、ハーブ類を用いた法面の植生管理技術を開発する。
成果の内容・特徴
  1. タイム類の生育が早く被度が高い。また、タイム類は比較的草丈が低く法面の植栽に適している。オレガノも被度が高く、クリーピングローズマリーは生育がやや遅いが、冬期の緑度保持がよい(表1)。
  2. 現地法面では、フイリレモンタイムの生育が早いが、全面被覆するのに1年程度を要するのでマルチ資材の併用が好ましい(表2)。
  3. マルチ資材の併用により、オレガノ、フイリレモンタイムとも生育が改善される(表3)。
成果の活用面・留意点
  1. 透水性がある防草シートを用いることにより、除草作業は植穴に発生する雑草の手取り除草となり負担が軽く、生育が遅く生育初期の被度が低い草種でも利用できる。
  2. 定植時期は冬期や夏期を避け、春や秋の降雨が期待できる時期に行う。
  3. タイム類やオレガノは2~3年目以降開花後や夏期に部分的に枝枯れが発生する傾向がみられる。タイム類は過繁茂になると枝枯れが発生しやすくなるので、少肥での管理に努める。
  4. オレガノ、フイリレモンタイムともに法面の造成後の経過年数や土性により生育差が生ずる可能性がある(表3)。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010009477
カテゴリ オレガノ くり 栽培技術 雑草 植生管理 除草 タイム レモン ローズマリー

この記事は