サツマイモの挿苗用電動作業台車

タイトル サツマイモの挿苗用電動作業台車
担当機関 徳島県立農林水産総合技術センター
研究課題名
研究期間 2001~2001
研究担当者 吉田 良
西沢 章(株式会社ニシザワ)
村井恒治
発行年度 2001
要約 本機は、電動モーターにより駆動する3輪台車であり、走行速度を作業者に会わせて任意に設定できる。これにより、サツマイモ挿苗作業を座ったままの楽な姿勢で行え、慣行に比べて約2倍の作業能率がある。
キーワード サツマイモ、挿苗作業、電動3輪台車、軽労化
成果の内容・特徴
  1. 本機はサツマイモの畦をまたいで走行する片側2輪もう片方が1輪の3輪車である。原動機はDC減速モータを用い、片側2輪のうち1輪がチェーンにより駆動する。駆動部のクラッチを切ると車輪がフリーとなり手で押し出す場合に抵抗が少ない。本体はアルミフレームであり、非常に軽く取り扱いに優れる。作業台車のトレッド幅は、 650㎜~1100㎜に対応し延長パイプにより1800㎜まで広がる。また、作業台車の前後の荷台には、苗を搭載することができ運搬も同時に行える(図1)。
  2. 乗車・作業位置は,片側2輪の間の椅子に腰掛けることができ、女性や高齢者でも楽な姿勢で挿苗できる(図2)。
  3. 走行速度は、前進は約11m/分,後進は約7m/分まで作業者の挿苗スピードに合わせて任意に設定できる(表1)。
  4. 作業時間は,作業者・圃場条件によって異なるが約3h/10aとなり、慣行の2倍の作業能率である(表2)。
  5. 旋回方法は,車体後部のハンドルを持ち上げて1輪車の様に操作でき、枕地がなくても容易に旋回が可能である(図3)。
成果の活用面・留意点 [成果の活用面・留意点}
  1. バッテリーは1回充電すると約4~6時間作業が行えるが、長時間作業する場合は、予備のバッテリーを用意し交換する。
  2. ダイコンの間引き作業や各種野菜・花苗の定植作業など、他作物及び他作業利用に適応できる。 
  3. 市販開始している。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010009424
カテゴリ 軽労化 栽培技術 だいこん

この記事は