2種ツヤコバチの利用による促成栽培トマトのコナジラミ類の防除

タイトル 2種ツヤコバチの利用による促成栽培トマトのコナジラミ類の防除
担当機関 徳島県立農林水産総合技術センター農業研究所
研究課題名
研究期間 1998~2000
研究担当者 原田正剛
中野昭雄
発行年度 2001
要約 促成栽培トマトに発生するコナジラミ類の防除に天敵昆虫を利用する場合、秋期にオンシツツヤコバチを、春期にサバクツヤコバチを放飼すれば高い密度抑制効果が期待できる。
キーワード 促成栽培トマト、オンシツツヤコバチ、サバクツヤコバチ、コナジラミ類
背景・ねらい 近年、県内の施設栽培トマトの生産現場ではコナジラミ類(以下、害虫という。)の防除に天敵昆虫オンシツツヤコバチ(以下、天敵という。)の利用が徐々に増加してきている。 促成栽培トマトにおいて天敵を利用する場合、秋期のトマト定植後に放飼し、冬期に害虫に対して殺虫効果が高く天敵に影響の少ない殺虫剤を処理すれば、春期以降も天敵の活動により、害虫密度は増加しない。しかし、秋期の天敵定着が悪くなると春期以降の天敵発生も少なくなることがあり、この場合春期に追加放飼が必要となる。
そこで、追加放飼する天敵昆虫に高温耐性が強いといわれているサバクツヤコバチを利用し、2種の放飼による防除効果を検討する。
成果の内容・特徴
  1. オンシツツヤコバチとサバクツヤコバチの春期以降のオンシツコナジラミに対する寄生程度を比較した場合、ビニルハウス内の気温が高くなるほどオンシツツヤコバチの寄生率は低くなるが、サバクツヤコバチは高くなる(図1)。
  2. 秋期のトマト定植後にオンシツツヤコバチを、春期にサバクツヤコバチを放飼すると、オンシツツヤコバチを同時期に放飼するよりもオンシツコナジラミ、シルバーリーフコナジラミに対して密度抑制効果は高く(図2、3)、果実に対するすす病、着色異常の発生も少ない(表1)。
成果の活用面・留意点
  1. サバクツヤコバチは現在農薬登録されていない。
  2. オンシツツヤコバチ、サバクツヤコバチは10a当たり50枚のマミーカードを1週間間隔で4回設置することを標準の放飼量とする。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010009395
カテゴリ 害虫 高温耐性 栽培技術 施設栽培 トマト 農薬 防除

この記事は