イノシシの跳躍能力

タイトル イノシシの跳躍能力
担当機関 (独)農業技術研究機構 近畿中国四国農業研究センター
研究課題名
研究期間 1999~2000
研究担当者 宮重俊一
江口祐輔
石井忠雄
林孝
発行年度 2001
要約 餌付け・誘導により、野生イノシシの跳躍能力を測定できる。成獣は、高さ120cmの障害物を飛び越えることができる。生後半年の幼獣においても、代表的な防除技術であるトタン板の高さ(65cm )を飛び越えることができる。餌の獲得を目的としたとき、イノシシは助走しないで障害物を跳躍する。
キーワード イ ノシシ、野生動物、行動、跳躍能力、運動能力、鳥獣害、被害対策
背景・ねらい 近年、野生鳥獣による農作物被害が増加しており、農業が継続できない事態も見受けられる。イノシシの運動能力に対する科学的データはなく、現場では、イノシシの習性や行動に対する誤解から、効果の期待できない被害対策を施している場合が多い。防除柵を設置しても跳び越えられて、田畑へ進入されることもしばしばである。そこで本研究は防除柵の効果向上にむけて、イノシシの跳躍能力を測定した。
成果の内容・特徴 1.
野生イノシシの跳躍能力を測定した。鉄製パイプ(直径5 cm)で4m 四方の実験柵を作り、その中に餌をまいて、イノシシの侵入を観察した。野生個体の餌付けによる馴致に6 カ月間を要した。イノシシが柵内の餌を摂食するようになったところで、柵を11cmずつ高くしていき(パイプ間の隙間6 cm)、イノシシの跳躍行動を記録した(図1)。
2.
野生成獣4 頭の最高跳躍記録は88 ~110 cm(助走なし、障害物との接触なし)であり、1 頭は実験柵の最上段に接触しながらも120 cmを跳躍した。生後半年の幼獣6 頭(推定体重20 kg)中4 頭はトタンの高さ相当の66 cmを助走なしで飛び越えた(図2)。
3.
イ ノシシは獣道から実験柵に近づき、周囲を警戒、柵の高さ等を確認し、頭部を上下に動かして視線を変えて、助走することなく、跳躍した。跳躍時の足の踏み切りは、障害物に近い位置(30-40cm )で行った(図3)。
4.
飼 育イノシシを供試し、跳躍能力の限界値を測定するため、まず、実験柵への反応を調べた。柵の隙間を10 cm以下に設定すると、限界まで跳躍し、跳躍に失敗しても再度跳躍する。隙間が20cm あると、柵の高さが70 cmであっても、隙間を通り抜けることを試み、跳躍しなくなる。
成果の活用面・留意点 1.
本 研究の結果を被害防除の参考にする場合は、単に跳躍記録(高さ)だけにこだわるのではなく、田畑を2 重に囲うなどで障害物に奥行きを持たせて、イノシシの踏み切りの位置をずらすような工夫も有効である。
2.
隙 間が20cm あると、柵の高さが70 cmであっても、成獣は跳躍しなくなるが、幼獣の柵内への進入が可能になる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010009311
カテゴリ 鳥獣害 防除

この記事は