遊休棚田の山羊を使った土壌保全的雑草管理・利用技術

タイトル 遊休棚田の山羊を使った土壌保全的雑草管理・利用技術
担当機関 (独)農業技術研究機構 近畿中国四国農業研究センター
研究課題名
研究期間 1999~2001
研究担当者 吉川省子
川嶋浩樹
長崎裕司
的場和弘
野中瑞生
発行年度 2001
要約 遊休化した棚田に山羊放牧技術を導入することにより、土壌を保全しながら植生を管理することができ、遊休地を利用した果樹や小家畜等の生産も可能となる。
キーワード 遊休棚田、雑草管理、土壌保全、山羊
背景・ねらい 四国山間傾斜地域では農地の遊休化が進行し、その抑制と発生した遊休地の管理のための対策が急務である。遊休化した棚田は小区画で急傾斜の法面を含み、多様な雑草・灌木が急速に繁茂するが、農村の高齢化と労働力不足のため、省力的な管理技術の確立が求められている。そこで山羊の放牧による雑草管理技術を導入することにより、土壌を保全しながら植生管理を省力的に行うとともに、遊休棚田を利用した新たな生産技術体系を構築する。
成果の内容・特徴 1.
遊休後数年経過し、ススキ・クズ等の強勢雑草が優占、繁茂した棚田・法面においては、多頭数(7~8頭/10a)での放牧を1カ月程度行い、その後、少頭数(1~2頭)での放牧を継続することにより、雑草量は低減し、低草高の状態で安定的に維持できる。(図1)
2.
遊休棚田に山羊を放牧すると、遊休状態に比べ表層土壌の緻密化、透水性の低下等の物理性や、栄養塩類の増加等の化学性の変化が起きるが、作物の栽培に障害となる程の変化はなく、再び農地として利用できる。(表1)
3.
山羊の放牧管理における施設設計・設置、衛生、繁殖、飼養等の方法についての管理マニュアルを作成した。(表2)
成果の活用面・留意点 1.
10アールあたり1~2頭で管理された遊休棚田は、粗放管理可能な果樹や花木を植栽する園芸的な利用や、仔山羊販売や鶏の放飼いなどの畜産的な利用ができる。(図2)
2.
牛に比べ小面積、急傾斜の遊休地で特に適用性が優れる。
3.
本技術は四国以外にも適用できるが、地域により雑草の植生、生育速度などが異なるので、放牧圧は適正に調整する。
4.
果樹、花木を植栽する場合は、山羊による食害防止のため、周囲に柵を設置する。
5.
山羊管理マニュアルは、近中四農研センター「遊休農地の管理・利用と山羊飼養マニュアル」として発行される。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010009273
カテゴリ 管理技術 きく 傾斜地 雑草 植生管理 繁殖性改善 放牧技術 山羊

この記事は