籾内に落下した褐色米病原菌の増殖

タイトル 籾内に落下した褐色米病原菌の増殖
担当機関 福井農試
研究課題名
研究期間 2006~2008
研究担当者 本多範行
古賀博則(石川県大)
発行年度 2008
要約 褐色米を引き起こすAlternaria alternataは、開花期の籾内へ落下した直後から胞子が発芽し、菌糸が伸展する。同じくCurvularia lunataは、落下3日頃から胞子が発芽し、菌糸を伸展させる。両菌による褐色米は、30日後に出現する。
キーワード 褐色米、Alternaria alternata、Curvularia lunata、籾内増殖
背景・ねらい 玄米表面が黒褐色となる褐色米の混入は、米の品質を低下させる要因の一つである。しかし、本病に関与する病原菌は種類が多く、感染過程が十分に明らかでないことから、難防除病害とされている。
 そこで、籾内に落下した病原菌の増殖と褐色米発生との関係を明らかにし、今後の防除対策の基礎資料にする。
成果の内容・特徴
  1. 籾内に落下した A. alternata胞子は、落下直後から発芽し、菌糸が蔓延する(図1)。
  2. 籾内の C. lunata胞子は、落下3日後から発芽し、菌糸が蔓延する(図1)。
  3. それぞれの胞子懸濁液を出穂直後に接種すると、A. alternata では3日後から、C. lunata では7日後から褐変面積率50%以上の重症籾が増加する(図2)。
  4. 接種30日後には褐色米の症状が出現する。接種50日後には、A. alternata では淡褐色粒の籾率が高いが、C. lunata では濃褐色粒、微斑点粒の籾率も高い(図3)。
成果の活用面・留意点
  1. 発生予察技術確立および防除技術確立の基礎資料となる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010009260
カテゴリ 防除 予察技術

この記事は