精麦適性が優れる二条はだか麦「四国裸103号」の奨励(認定)品種採用

タイトル 精麦適性が優れる二条はだか麦「四国裸103号」の奨励(認定)品種採用
担当機関 埼玉農総研
研究課題名
研究期間 2003~2007
研究担当者 箕田豊尚
戸倉一泰
酒井和彦
斉藤孝一郎
武井由美子
上野敏昭
発行年度 2008
要約 大粒で整粒歩合が高く、精麦加工適性が優れる二条はだか麦「四国裸103号」を奨励(認定)品種として採用する。
キーワード はだか麦、奨励品種、四国裸103号、実用技術開発事業
背景・ねらい 本県のはだか麦奨励品種「イチバンボシ」は、多収で、精麦加工適性に優れる品種である。しかしながら、本県では、小粒傾向にあり、実需から改善を求められている。さらに生産現場でも、年次によって、小粒化のため篩下が多く発生し、製品収量が減収し、生産の意欲をそいでいる。そこで、大粒で整粒歩合が高く、精麦適性に優れた品種を選定することで、県産はだか麦の評価向上と安定生産を図る。
成果の内容・特徴 「四国裸103号」(平成20年近中四農研育成)は「イチバンボシ」と比較して、次のような特徴があるので、認定品種に採用する。
  1. 出穂期、成熟期は1~5日遅い。耐倒伏性はやや優れる。(表1、2)。
  2. 稈長は同程度から10cm長く、穂長は長く、穂数は多い。(表1、2)。
  3. 子実重はやや少ないが、整粒歩合が高く、2.2mm篩選では多収である。(表1、2)。
  4. 容積重はやや小さく、千粒重は大きい。(表1、2)。
  5. 二条で並性のはだか麦である。播性程度はⅠ、穂発芽性はやや易、うどんこ病抵抗性は極強、赤かび病抵抗性は強、縞萎縮病抵抗性は極強である(表3)。
  6. 搗精白度が高く、精麦の品質総合評価も高い(表4)。
成果の活用面・留意点
  1. 普及予定地は、県北はだか麦作付地域である。平成20年産は5ha作付けしており、平成21年産は10ha作付け予定である。実需者評価を得ながら「イチバンボシ」から転換を図る。普及予定面積は120ha。
  2. 成熟期がやや遅く、穂発芽性がやや易であることから、播種時期が遅れないように注意する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010009202
カテゴリ 萎縮病 うどんこ病 加工適性 抵抗性 播種 はだか麦 品種

この記事は