スタンダード系カーネーションの起き上がり仕立てによる2年切り栽培

タイトル スタンダード系カーネーションの起き上がり仕立てによる2年切り栽培
担当機関 千葉農林総研
研究課題名
研究期間 2005~2007
研究担当者 鎌田展生
押切浩江
種谷光泰
発行年度 2008
要約 スタンダード系カーネーションの慣行栽培の切下株を起き上がり仕立てすることにより2年切り栽培が可能となる。切り戻し栽培に比べて、土壌水分管理、時期等の制約が少なく、栽培初心者でも2年切り栽培が可能である。本栽培方法の導入により、種苗費の半減と改植労力の軽減となる。
キーワード カーネーション、2年切り、起き上がり仕立て
背景・ねらい カーネーションは、種苗費の経営費に占める割合の高さ、輸入切り花の増加による販売価格の低迷、経営面積拡大による改植、整枝等の労力増大等経営を取り巻く環境は厳しくなっている。
 このため、慣行栽培の切下株(前年栽培した株)を2年切り栽培に利用することにより、改植作業の省力と種苗費の半減を目的とした栽培方法を開発する。
成果の内容・特徴
  1. スタンダード系主要栽培品種において、1年目は慣行の仕立て法で栽培後、2年目に起き上がり仕立て法で栽培すると、株が枯死することなく、慣行栽培と同等に採花できる(表1)。
  2. 9~12月の慣行栽培と同程度の採花本数を確保するためには、7月20日以前に折り倒しを行う(表1)。
  3. 実面積1㎡当たりの採花本数が250本以上の品種は、「シルクロード」、「アメリカ」、「プラドミント」、「ホワイトラブ」、「フランセスコ」であった(図2)。
  4. 1月時に平均切り花長(表2)が、70cm以上の品種は、「シルクロード」、「プラドミント」、「デュカッティ」、「カトリーナ」、「フランセスコ」であった。
  5. 採花本数、切り花長を加味した結果、起き上がり仕立てを行う際に導入しやすい品種は、「シルクロード」、「プラドミント」、「ホワイトラブ」、「フランセスコ」である。
成果の活用面・留意点
  1. 耕種方法
    定植1年目    慣行栽培(80cm床幅、中2条抜き6条植え38株/m2)
    定植2年目 茎折れを少なくするため、3~5日程度前からかん水を控え、株を50cm程度の高さで折り取る。下1段目以外のフラワーネットをはずし、3条植中央の株を整理(図1)し、株の重みで傾いた株を倒し、フラワーネットで押さえ付ける。1ヶ月後に細い芽の整理を行う。整枝本数は、フラワーネット10cm角1目当たり2本程度とする。
  2. 慣行栽培に比べて、切り花重等の品質が劣る。
  3. 適応品種以外の導入に際しては試作を行う。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010009144
カテゴリ 改植 カーネーション 経営管理 栽培技術 品種

この記事は