トウモロコシ乾燥蒸留かす(DDGS)は豚肥育後期飼料に10%配合できる

タイトル トウモロコシ乾燥蒸留かす(DDGS)は豚肥育後期飼料に10%配合できる
担当機関 群馬県畜産試験場
研究課題名
研究期間 2007~2008
研究担当者 高橋 泰幸
発行年度 2008
要約 体重80kgの肥育豚にDDGSを10%配合した飼料を給与し、発育成績と出荷時の肉質等に及ぼす影響を検討したところ、DDGSを配合しないものに比べて差はみられず、肉豚肥育用配合飼料においてDDGSを10%配合することが可能である。
キーワード DDGS、肥育豚、肉質、背脂肪、融点
背景・ねらい DDGSの特徴はトウモロコシと比較し粗蛋白質、粗脂肪、粗繊維含量が多く、大豆かすと比べエネルギー含量が高く安価であることである。しかし、DDGSの配合割合が高くなると枝肉脂肪の軟化が懸念される。 現在、肉豚肥育用配合飼料としてDDGSを5%配合したものは市販されているが、よりコストを下げるため、DDGSを倍量の10%配合した飼料を体重80kgから出荷時まで給与して、発育成績と肉質等への影響を確認して実用化を図る。
成果の内容・特徴
  1. 肉豚肥育用配合飼料にDDGSを10%配合した飼料を肥育豚に給与しても、発育成績である一日平均増体重、飼料要求率に有意差は認められない(表1、2)。
  2. 枝肉成績である枝肉重量、背脂肪厚、と体長、と体幅に有意差は認められない(表3)。
  3. 肉質分析における胸最長筋の肉色、加熱損失率、水分含量、筋肉内脂肪含量、剪断力価及び背脂肪内層の色も同様に有意差は認められない(表4)。
  4. DDGS中に多く含まれるリノール酸が脂肪の融点を下げることが考えられたが、背脂肪内層の融点に有意差は認められない(表4)。
  5. 以上の結果からDDGSを肥育後期飼料に10%配合することが可能であると考えられる。
成果の活用面・留意点
  1. DDGSはトウモロコシや大豆かすの代替となり得ることから、DDGSを10%配合することによりコスト節減が可能である。
  2. DDGSは製造方法やロットによってバラツキがみられるので、飼料に配合する場合には、栄養成分等を十分把握して使用する必要がある。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010009087
カテゴリ 乾燥 コスト 出荷調整 大豆 とうもろこし

この記事は