サチホゴールデンの安定多収・高品質栽培法

タイトル サチホゴールデンの安定多収・高品質栽培法
担当機関 栃木県農業試験場
研究課題名
研究期間 2004~2006
研究担当者 渡邉浩久
加藤常夫
粂川晃伸
大野かおり
長嶺 敬
発行年度 2007
要約 サチホゴールデンの施肥水準は、収量・麦芽品質が安定する標肥からやや多肥(N6.5~7.5kg/10a)が、播種水準は標播(8.5kg/10a)が、播種時期は被害粒の発生が少なく麦芽品質が安定している標準播(11/5~11/20)が適している。
キーワード 二条オオムギ、施肥量、播種量、播種時期
背景・ねらい 2005年度に栃木県の奨励(認定)品種に採用されたサチホゴールデンは、高品質・多収品種である。サチホゴールデンの普及に向けて高品質・多収栽培のための条件(施肥量、播種量および播種時期)を明らかにした。
成果の内容・特徴
1.施肥量について
サチホゴールデンは穂重型特性をもつが、収量向上には穂数の確保が特に重要である。少肥では穂数が少なくなり、大きく減収となるうえ、側面裂皮も増加する(図1、2)。施肥量を増やすことにより、穂数は増加し、側面裂皮は減少するが、蛋白質含量は高くなる傾向が見られる(図1、2)。
2.播種時期について
早播(10/25播)は穂数確保には有利であるが、側面裂皮の増加、整粒歩合の低下を招く(図3)。遅播(11/25播)では粗蛋白質含量が有意に増加し、麦芽エキスが低下する(データ略)。
3.播種量について
多播は穂数をやや増加させる傾向にあるが、1穂粒数、千粒重を小さくするため(図4)、収量には有意差は見られない(データ略)。一方、少播は粗蛋白含量が高くなりやすい(データ略)。
4.サチホゴールデンの高品質多収栽培には
(1)穂数の確保、(2)側面裂皮の抑制、(3)蛋白質含量の安定、が重要である。基準施肥量は標準からやや多肥(N6.5~7.5kg/10a)、播種量は標播(8.5kg/10a)、播種時期は標準(栃木県南部11/5~11/20)が適当である。
成果の活用面・留意点 一般に、ビール麦は湿害発生時には収量が低下し、側面裂皮が多くなることから、高品質多収栽培には湿害対策を適切に行う。
適正な施肥量は圃場によって異なるが、ミカモゴールデン比2割増までが目安となる。各圃場の蛋白質含量履歴などを考慮して極端な多肥栽培は避ける。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010008960
カテゴリ 大麦 湿害 収量向上 施肥 播種 品種

この記事は