キュウコンベゴニアの新品種育成

タイトル キュウコンベゴニアの新品種育成
担当機関 千葉農総研
研究課題名
研究期間 2003~2006
研究担当者 関 栄一
発行年度 2006
要約 千葉県の登録品種であるベゴニア「コーラルファンタジー」(濃桃)の葉挿し繁殖株から花色の変異個体を確認し、花色・花型の優れた新品種「クリーミーファンタジー」(淡黄)と「アプリコットファンタジー」(浅橙)を育成した。三色揃うことで、生産・消費の拡大が期待できる。
キーワード 品種育成、キュウコンベゴニア、繁殖、花色の変異
背景・ねらい 農業総合研究センターでは、2004年度に新しいタイプのキュウコンベゴニア「コーラルファンタジー」を育成した。しかし、生産者や消費者から、他の花色系統の育成を強く要望されていた。今回育成した二つの新品種は、「コーラルファンタジー」の葉挿し繁殖株から得られた変異個体を選抜したものである。

成果の内容・特徴 1.
2005年4月に「コーラルファンタジー」繁殖株から花色の異なった2系統の変異株を確認し、その株を基に繁殖を繰り返し行い、固定した系統を同年11月に挿し芽をし、選抜・固定した系統である。この2系統は2006年2月に特性調査を実施し、同年6月に登録出願申請を行い、10月に出願公表された。
2.
品種の特性
(1)
2品種とも「コーラルファンタジー」の特性に類似した形質を示した(表1)。
(2)
花色は「コーラルファンタジー」の濃桃色に対し、「クリーミーファンタジー」は淡黄色、「アプリコットファンタジー」は浅橙色である(図1、図2)。
(3)
花径は7cm前後で、極めて花着きの良い八重咲きである。
(4)
繁殖は、頂芽挿しや葉挿しにより行うが、生育が速く、栽培も比較的容易である。
(5)
特性を十分に発揮するには、春~初夏にかけての出荷が望ましい。

成果の活用面・留意点 1.
県内の生産者団体等と許諾契約を締結し、2007年春から出荷の予定である。
2.
葉挿し繁殖で不定芽が多く出る場合は、芽数を調整し、品質の向上に努める。
3.
6月下旬以降、高温の影響により、花弁が短くなったり、花弁の減少が見られ、正常な特性が発揮されない場合がある。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010008625
カテゴリ くり 出荷調整 新品種 新品種育成 繁殖性改善 品種 ベゴニア

この記事は