備蓄草利用による肉用繁殖牛の冬季放牧技術

タイトル 備蓄草利用による肉用繁殖牛の冬季放牧技術
担当機関 茨城肉牛研
研究課題名
研究期間 2003~2005
研究担当者 合原義人
茨田潔
高橋覚志
谷島直樹
堀越忠泰
発行年度 2006
キーワード 肉用繁殖牛、周年放牧、備蓄期間、ASP
背景・ねらい 1.
茨城県内の肉用牛繁殖経営は、高齢化により戸数・頭数とも減少しており、繁殖和牛の増頭を図るため、飼養管理労力の低減が求められている。
2.
放牧は省力化・低コスト化に有効であるが、茨城県内の公共牧場の利用期間は、4月から10 月下旬で、これ以外の期間は牛舎内で飼養している。
3.
公共牧場放牧地の一部を冬季放牧用に備蓄することで、周年放牧が可能となる。
4.
施肥量・施肥時期・備蓄開始時期・備蓄開始期間と草量の関係について検討すると共に、備蓄した放牧草地で繁殖和牛の周年放牧を実証する。

成果の内容・特徴 1.
標高約120mにあるイネ科牧草・野草主体の草地における施肥時期の違いによる乾物収量は、5月施肥区より8月施肥区の方が多い傾向が見られる(表1)。
2.
備蓄開始時期の違いによる草量は、開始時期が遅いほど減少する傾向が見られる。
3.
備蓄期間と草量の関係は、備蓄期間が長いほど減少する傾向が見られる。
4.
施肥量は標準区は10a当たりN・P2O5・K2Oが9・8・8Kg、多肥区が14・12・14Kgで、5月下旬施肥区では多肥区の収量が多く、8月上旬施肥区では差はない(表2)。
5.
この結果、備蓄草を用いた周年放牧を行う場合、予定の全草地に8月上旬に標準区の量で施肥を行い、冬季放牧計画に沿って当該牧区への入牧2ヶ月前から備蓄を開始するのが最も効率的である。ただし、利用が遅い牧区でも少なくとも9月中旬頃までには備蓄を開始する。
6.
備蓄草地(イネ科雑草・牧草主体)への肉用繁殖雌牛の冬季放牧は、16年度は190aに11月下旬から2頭を123日間、17年度は145aに11月下旬から3頭を84日間放牧し、前者では129CD、後者では174CDの牧養力が得られた。(表3)この間、体重の減少は見られなかった(図1)。
7.
以上の結果から、11月から3月まで備蓄草のみで冬季放牧を行うためには、おおむね1頭当たり1ha が必要である。

成果の活用面・留意点 1.
公共育成牧場については、管理者や放牧牛の所有者に周年放牧が可能であることを周知する。また、近年増加している遊休農地での周年放牧についても普及センターを通じて普及を図る。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010008580
カテゴリ 経営管理 雑草 飼育技術 省力化 施肥 低コスト 肉牛 繁殖性改善 放牧技術

この記事は