大粒で収量が多く醸造適性の優れる二条大麦新品種「サチホゴールデン」

タイトル 大粒で収量が多く醸造適性の優れる二条大麦新品種「サチホゴールデン」
担当機関 栃木県農業試験場
研究課題名
研究期間 1993~2005
研究担当者 加藤常夫
長嶺 敬
粂川晃伸
山口恵美子
大野かおり
渡辺浩久
大関美香
関和孝博
渡辺修孝
谷口義則
山口昌宏
大塚 勝
小田俊介
常見讓史
五月女敏範
加島典子
仲田 聡
河田尚之
石川直幸
小玉雅晴
野沢清一
福田 暎
佐藤圭一
早乙女和彦
徳江紀子
宮川三郎
神永 明
発行年度 2005
要約 二条大麦新品種「サチホゴールデン」は、早生で千粒重が大きく整粒歩合が高く多収である。オオムギ縞萎縮病ウイルス系統Ⅰ~Ⅲ型及びうどんこ病に抵抗性である。麦芽エキス及びジアスターゼ力が高く麦芽品質は総じて優れる。栃木県で奨励品種に採用予定である。
キーワード 二条オオムギ、ビール大麦、新品種、多収性、高醸造適性
背景・ねらい 主力品種の「ミカモゴールデン」は、醸造適性が実需者から高く評価されているが、うどんこ病に弱く、整粒歩合が低いことに加え、主産地で拡大しているオオムギ縞萎縮病ウイルス系統Ⅲ型に罹病するため、原料の安定供給の点で難がある。オオムギ縞萎縮病ウイルス系統Ⅰ~Ⅲ型抵抗性品種である「スカイゴールデン」は、順調に作付面積を拡大させており、今後は主力品種の一つになることが予想されるが、水感受性が劣ることや麦芽のコールバッハ数が高いことなどの理由で、契約面積は毎年実需者と協議することとなっており、これに特化させた普及拡大は困難である。そこで、「スカイゴールデン」に加えて新たにオオムギ縞萎縮病ウイルス系統Ⅰ~Ⅲ型に抵抗性で高品質な品種の普及が急務となっている。
成果の内容・特徴 「サチホゴールデン」は、1993年度にオオムギ縞萎縮病抵抗性、高醸造品質、多収を育種目標に、「大系R4224」を母、「関東二条29号」を父として人工交配を行い、派生系統育種法により選抜・固定を図ってきたものである。2005年度における世代はF14である。
「ミカモゴールデン」と比較して、次のような特徴がある(表1)。
  1. 出穂期は4日早く、成熟期は同程度の早生種である。
  2. 稈長は短く、穂長は長く、穂数は同程度である。耐倒伏性は強い。
  3. 赤かび病は同程度のやや強で、うどんこ病とオオムギ縞萎縮病ウイルス系統Ⅲ型に抵抗性である。また、ウイルス系統Ⅰ型及びⅡ型に対しては「ミカモゴールデン」と同様に抵抗性である。
  4. 収量性が高い。千粒重が大きく、整粒歩合が高い。
  5. 原麦粒見かけの品質はやや優れる。
  6. 麦芽エキス、ジアスターゼ力、最終発酵度が高く優れる。
  7. 麦芽粗蛋白がやや低く可溶性窒素がやや高いためコールバッハ数は高い。
  8. 水感受性は同程度で優れる。麦汁β-グルカンは低く優れる。
成果の活用面・留意点
  1. 温暖地の平坦地に適する。
  2. 「スカイゴールデン」と同程度に側面裂皮粒が発生しやすいので、極端な早播きは避け、湿害対策に努める。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010008415
カテゴリ アスター 育種 萎縮病 うどんこ病 大麦 湿害 新品種 多収性 抵抗性 抵抗性品種 品種

この記事は