茎葉消化性、耐病性および耐倒伏性に優れたサイレージ用トウモロコシ新品種「タカネスター」

タイトル 茎葉消化性、耐病性および耐倒伏性に優れたサイレージ用トウモロコシ新品種「タカネスター」
担当機関 長野県中信農業試験場
研究課題名
研究期間 1999~2004
研究担当者 佐藤 尚
澤野 史
重盛 勲
前島秀和
三木一嘉
発行年度 2005
要約 「タカネスター」は早生のサイレージ用トウモロコシで、ごま葉枯病抵抗性、すす紋病抵抗性および耐倒伏性に優れる。茎葉のTDN含量が高く、推定TDN収量は同熟期の既存品種より高い。
キーワード 飼料作物育種、トウモロコシ、ごま葉枯病、すす紋病、耐倒伏性、TDN含量
背景・ねらい 我が国のサイレージ用トウモロコシは、アメリカ等の海外導入品種が多く利用されているが、耐病性等において必ずしも我が国の環境に適したものばかりでないことや、子実用品種のため茎葉消化性などが考慮されてないこと、および突然の販売中止などの問題点も抱えている。そこで都府県に適する早生で、茎葉高消化性および葉枯れ性病害抵抗性に優れる多収F1品種を育成する。
成果の内容・特徴
  1. 「タカネスター」は、「Na65」を種子親とし、「CHU44」を花粉親として育成されたデント種×フリント種の単交雑一代雑種である。
  2. 熟期は早生に属する。絹糸抽出期は同熟期の普及品種「セシリア」より1~2日早い(表1)。
  3. ごま葉枯病抵抗性およびすす紋病抵抗性は強で、「セシリア」より強い(表1、2)。黒穂病抵抗性は「セシリア」より弱い(表1)。
  4. 耐倒伏性は強で、「セシリア」並である(表1)。
  5. 乾物収量は「セシリア」より高く、乾雌穂重割合は「セシリア」より低い(表1)。
  6. 茎葉TDN含量は茎葉高消化性品種「ナスホマレ」並で高く、「セシリア」より高い。ホールクロップのTDN含量は「セシリア」より1%、「ナスホマレ」より3%高い。TDN収量は「セシリア」より5%高い(表3)。
  7. 採種量は、雌雄畦比3:1で50kg/a程度が見込まれる。種子親の絹糸抽出期は花粉親の開花期より1日程度遅く、採種栽培では両親を同時播種することができる。
成果の活用面・留意点
  1. 適応地域は、生育期間に1,100℃以上の有効積算温度*を確保できる地域。(*:日平均気温が10.1℃以上の時、(日平均気温-10℃)の積算値)
  2. 一般の春播き用栽培基準に準ずること。
  3. 種子は平成18年より販売される予定である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010008275
カテゴリ 育種 ごま 飼料作物 新品種 抵抗性 とうもろこし なす 播種 品種 病害抵抗性 ぶどう

この記事は