α‐リノレン酸を多く含む豚肉の生産技術

タイトル α‐リノレン酸を多く含む豚肉の生産技術
担当機関 石川畜総セ
研究課題名
研究期間 2004~2004
研究担当者 東和彦
堀久夫(石川畜総セ)
坂井良輔
新澤祥恵
中村喜代美
三田陽子(北陸学院短期大学)
柏倉真
村野賢博
船橋智子(日清オイリオ(株))
発行年度 2005
要約 肉豚用飼料原料にアマニ油及び大豆レシチンを添加することで、α-リノレン酸はロース、カタ、モモで有意に増加し、対照区と比較して5倍以上含む。
キーワード アマニ油、大豆レシチン、α-リノレン酸、n-6/n-3比
背景・ねらい 近年、健康ブームを背景に人の健康に良いとされる機能性物質を多く含む豚肉の生産が求められている。
当センターでは、市販肉豚用飼料にα-リノレン酸等を外付け給与することで、生活習慣病の予防に効果があるとされるα-リノレン酸を一般の豚肉に比べ約5倍多く含み、かつ、リノール酸などのn-6系列脂肪酸とα-リノレン酸などのn-3系列脂肪酸の比率(n-6/n-3比)が4程度となる豚肉の生産技術を確認している。
これまで、対照区及び試験区の栄養水準を同一にした飼料を用いての検討は実施しておらず、農家普及に向け検討が必要となっている。
今回、肉豚用飼料原料にα-リノレン酸を多く含むアマニ油及び肉質改善に効果が期待出来る大豆レシチンを添加するとともに栄養水準を同一にした飼料を用いて給与試験を行い、発育、肉質及び脂肪酸組成について検討する。

成果の内容・特徴 生後120日齢から8週間、肉豚用飼料原料にα-リノレン酸を多く含むアマニ油及び肉質改善に効果が期待出来る大豆レシチンを添加し給与する。
1.
日増体重は、試験区が対照区に比べ高く、飼料要求率は低く、上物率は高くなる傾向を示す(表2)。
2.
水分、伸展率、保水力などの肉質検査は各区間で有意差は認められない。
3.
脂肪酸組成割合は、α-リノレン酸含量はいずれの部位においても試験区が対照区に比べ有意に高く、リノール酸含量は背脂肪、カタ及びモモが対照区に比べ有意に高くなる。また、n-6/n-3比はいずれの部位でも、試験区が対照区に比べ有意に小さくなる(表3)。

成果の活用面・留意点 1.
アマニ油等を飼料に添加することで、α-リノレン酸を多く含む豚肉生産の参考になる。
2.
給与期間は、生後120日齢から8週間給与する必要がある。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010008272
カテゴリ 機能性 大豆 もも

この記事は