ホルスタイン育成牛への黄体ホルモン製剤(CIDR)の利用による受胎率向上

タイトル ホルスタイン育成牛への黄体ホルモン製剤(CIDR)の利用による受胎率向上
担当機関 群馬畜試
研究課題名
研究期間 2004~2005
研究担当者 加藤 聡
発行年度 2005
要約 ホルスタイン種育成牛への受精卵移植直後に、CIDRを7日間挿入すると受胎率が有意に高まる。
キーワード ウシ、受精卵移植、受卵牛、受胎率向上、CIDR
背景・ねらい ホルスタイン種育成牛は経産牛に比べ子宮の清浄性が高く、また、子宮頸管や子宮体・角が小さく安定した受胎率が得られるため、受卵牛に利用されることが多い。当場では放牧育成牛の受胎率向上のため、移植直後の受卵牛に腟内留置型黄体ホルモン製剤(CIDR)を利用したところ、黄体形状がやや貧弱で胎盤性性腺刺激ホルモン(HCG)投与の必要性を認めた受卵牛において、受胎率の改善を認めた。そこで、農家飼養のホルスタイン種育成牛に対し移植直後にCIDRを利用し、受胎率向上に及ぼす影響を検討する。

成果の内容・特徴 1.
受卵牛はホルスタイン種育成牛とし、移植受精卵は10%エチレングリコール+0.1Mグルタミン酸Na+20%子牛血清加修正ダルベッコリン酸緩衝液を凍結保存溶液とした黒毛和種凍結受精卵を使用する。受卵牛の発情後日数と胚齢の日差は±1日以内とする。
2.
移植はすべて1人の移植技術者が実施(移植農家戸数16戸)。受卵牛の選定基準は、当場の移植適否基準表(参考)Aランク判定牛に実施。
3.
CIDR利用区の受卵牛には受精卵移植実施直後にCIDRを挿入、7日間留置後に抜き取る。対照区の受卵牛は、CIDRを利用しない。妊娠確認は発情後60日前後に直腸検査により実施する。
4.
CIDRを利用した場合の受胎率は77.6%(38/49)で、対照区の52.4%(22/42)より有意(p0.05)に高い結果である(表1)。なお、統計処理はχ2検定により実施。

成果の活用面・留意点 1.
A判定牛に対して、CIDRを利用することにより受胎率が向上する。
2.
B・C判定牛について、受胎率が向上するかは不明。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010008240
カテゴリ 受精卵移植 受胎率向上

この記事は