アカヒゲホソミドリカスミカメ合成性フェロモンの雄成虫誘引力

タイトル アカヒゲホソミドリカスミカメ合成性フェロモンの雄成虫誘引力
担当機関 (独)農業・生物系特定産業技術研究機構 中央農業総合研究センター
研究課題名
研究期間 2003~2007
研究担当者 樋口博也
高橋明彦
福本毅彦
望月文昭
発行年度 2004
要約 ゴムキャップに含浸させたアカヒゲホソミドリカスミカメの合成性フェロモン0.01mgは、未交尾雌10頭と同等の誘引力があり、野外でその誘引性は1ヵ月間は持続する。
キーワード イネ、アカヒゲホソミドリカスミカメ、斑点米、性フェロモン、発生消長
背景・ねらい アカヒゲホソミドリカスミカメは、斑点米を発生させコメの品質を著しく低下させる。本種雌が放出する性フェロモンは同定され、合成物の利用が可能である。本合成性フェロモンを誘引源としたトラップが開発されれば、野外で本種の発生消長を把握できる。そこで、ゴムキャップに含浸させる合成性フェロモンの量と誘引数の関係および誘引性の持続期間について調査し、実用上最適な合成性フェロモンの含浸量について検討する。
成果の内容・特徴
  1. ゴムキャップ(1F 1888 Grey sleeve stopper)に含浸させた合成性フェロモン0.1mgは未交尾雌10頭より誘引力が劣るが、0.001mgと0.01mgは未交尾雌10頭と同等の誘引力を示す(図1)。
  2. 合成性フェロモン0.01mgを含浸させたゴムキャップを野外に10~30日間放置しても、誘殺数は放置しなかったものとの差はない(図2)。
  3. 以上の結果から、実用的な誘引性の持続期間を1ヵ月と想定した場合、ゴムキャップに含浸させる場合の合成性フェロモン量として0.01mgが最適であると考えられる。
成果の活用面・留意点
  1. 本種の発生予察技術を開発するための基礎的資料となる。
  2. 合成性フェロモンは、3成分n-hexyl n-hexanoate、(E)-2-hexenyl n-hexanoate、n-octyl n-butyrateを100:40:3の比率で混合したものである。
  3. 本試験では水盤トラップ(水色、直径45cm、深さ14.5cm)を地面に設置して使用しているが、実用的なトラップの開発にあたっては、トラップの種類と併せてトラップを設置する高さおよび場所などの適切な設置条件を検討する必要がある。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010008187
カテゴリ 性フェロモン 斑点米 予察技術

この記事は