小麦「群馬W10号」の奨励(認定)品種採用

タイトル 小麦「群馬W10号」の奨励(認定)品種採用
担当機関 群馬農技セ
研究課題名
研究期間 1998~2003
研究担当者 折茂佐重樹
高橋利和
成塚彰久
大沢実
関上直幸
広岡政義
発行年度 2004
要約 「群馬W10号」は、早生で耐倒伏性に優れ、製粉性が高く、麺用として優れているので奨励(認定)品種に採用する。
キーワード 小麦、群馬W10号、早生、耐倒伏性、製粉性
背景・ねらい 群馬県では、現在「農林61号」が主力品種として多く作付けされているが、熟期が遅いため、その後の水稲を移植するまでの期間が短く作業的に忙しい。そこで、安定した水稲-麦二毛作体系の確立を図るため、1997年に早生品種である「つるぴかり」を導入したが、「つるぴかり」は低アミロース品種で用途が特殊であるため、一定の作付け面積から伸びていない。そのため、早生で良質の品種が求められている。
そこで、早生で加工適性に優れる「群馬W10号」を導入し「農林61号」の一部に替え実需者評価を実施しながら、生産振興を図る。
成果の内容・特徴 「農林61号」と比較して次の特徴がある。
1.
出穂期は6日程度早い(表1)。
2.
成熟期は3日程度早い(表1)。
3.
稈長は10cm以上低く、穂長は並、穂数は並から多である(表1、2)。
4.
耐倒伏性は優れている(表1)。
5.
収量性は奨決で並、現地試験できぬの波程度の多収である(表1、2)。
6.
外観品質は優れる(表1)。
7.
千粒重は1g程度小さいが、容積重は同程度である(表1)。
8.
原麦のタンパク質含量は1%程度低い(表1)。
9.
製粉性は優れ、粉色は黄色みがやや強い(表3)。
10.
官能試験では、全項目で優れる(表4)。
成果の活用面・留意点 1.
早生品種であるので凍霜害の危険性を回避するためにも極端な早播きはしない。
2.
病害虫防除では、うどんこ病の発生に留意する。
3.
低タンパク質傾向にあるため施肥管理に留意する。
4.
普及見込み面積は、実需者と協議をしながら面積拡大を図るが、平坦二毛作地域を中心に2000haを目標として進める。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010008088
カテゴリ うどんこ病 加工適性 小麦 施肥 二毛作 品種 病害虫防除

この記事は