「コシヒカリ新潟BL1〜6号」の奨励品種採用

タイトル 「コシヒカリ新潟BL1〜6号」の奨励品種採用
担当機関 新潟農総研
研究課題名
研究期間 2000~2002
研究担当者 阿部聖一
河合由起子
佐藤徹
重山博信
小林和幸
松井崇晃
星豊一
石崎和彦
川上修
浅井善広
中嶋健一
長澤裕滋
発行年度 2003
要約 「コシヒカリ新潟BL1~6号」は現地試験において諸特性が「コシヒカリ」と変わらず、混合栽培しても生育・品質・食味等は「コシヒカリ」と同じであり、新潟県で奨励品種として採用した。
キーワード イネ、コシヒカリ、同質遺伝子系統
背景・ねらい 近年米の消費動向は、良食味であるとともに来歴の明らかな種子の使用や安全・安心な低農薬米へのニーズが高まっている。一方、生産者サイドでは米の価格が低迷する中で、生産コストの一層の低減が必要である。そこで、コシヒカリいもち病抵抗性同質遺伝子系統(以下コシヒカリILと略記)を構成する「コシヒカリ新潟BL1~6号」を新奨励品種とし、環境保全型農業の推進、生産コストの低減及び新潟県産米の評価向上を図る。
成果の内容・特徴 1.
コシヒカリILを構成する「コシヒカリ新潟BL1~6号」の出穂期、成熟期、形態、生育、玄米収量、品質、食味、食味関連成分等、いもち病抵抗性以外の諸特性は、現地においても「コシヒカリ」と同じである(表1)。
2.
これらの品種を混合栽培した場合においても、出穂期、生育、品質、食味、食味関連成分などの特性は、「コシヒカリ」と同じである(表2、3)。
成果の活用面・留意点 1.
普及地域は従来の「コシヒカリ」同様標高400m以下とする。
2.
「コシヒカリ新潟BL1~6号」を混合するコシヒカリILの栽培特性は「コシヒカリ」と同様であるので、高品質米生産を最優先とし、“いもち病に強い”ことによる多肥栽培は厳に慎む。
3.
コシヒカリILの種子は、いもち病菌のレース分布調査結果に基づいた割合で混合された原種を用いて、採種ほで生産された種子で供給する。自家採種ではいもち病菌レース分布によっては、いもち病の発生を助長することがあるので、毎年種子更新する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010007795
カテゴリ いもち病 コスト 自家採種 抵抗性 農薬 品種 良食味

この記事は